るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
356件ヒット [1-100件を表示] (0.031秒)

別のキーワード

  1. _builtin to_s
  2. openssl to_der
  3. openssl to_s
  4. openssl to_pem
  5. _builtin to_a

クラス

モジュール

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

String#to_i(base = 10) -> Integer (18211.0)

文字列を 10 進数表現された整数であると解釈して、整数に変換します。

...整数であると解釈して、整数に変換します。

//emlist[例][ruby]{
p " 10".to_i # => 10
p "+10".to_i # => 10
p "-10".to_i # => -10

p "010".to_i # => 10
p "-010".to_i # => -10
//}

整数とみなせない文字があればそこまでを変換対象としま...
...す。
変換対象が空文字列であれば 0 を返します。

//emlist[例][ruby]{
p "0x11".to_i # => 0
p "".to_i # => 0
//}

基数を指定することでデフォルトの 10 進以外に 2 〜 36 進数表現へ変換できます。
それぞれ Ruby の整数リテラルで...
...p "01".to_i(2) # => 1
p "0b1".to_i(2) # => 1

p "07".to_i(8) # => 7
p "0o7".to_i(8) # => 7

p "1f".to_i(16) # => 31
p "0x1f".to_i(16) # => 31

p "0b10".to_i(0) # => 2
p "0o10".to_i(0) # => 8
p "010".to_i(0) # => 8
p "0d10".to_i(0) # => 10
p "0x10".to_i(0) # =>...

Rational#to_i -> Integer (18133.0)

小数点以下を切り捨てて値を整数に変換します。

...外のものを指定すると発生します。

//emlist[例][ruby]{
Rational(2, 3).to_i # => 0
Rational(3).to_i # => 3
Rational(300.6).to_i # => 300
Rational(98, 71).to_i # => 1
Rational(-30, 2).to_i # => -15
//}

precision を指定した場合は指定した桁数で切り捨てた整...

Complex#to_i -> Integer (18121.0)

自身を整数に変換します。

...

@raise RangeError 虚部が実数か、0 ではない場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
Complex(3).to_i # => 3
Complex(3.5).to_i # => 3
Complex(3, 2).to_i # => RangeError
//}...

Integer#to_i -> self (18109.0)

self を返します。

...self を返します。

例:

10.to_i # => 10...

NilClass#to_i -> Integer (18109.0)

0 を返します。

...0 を返します。

例:
nil.to_i #=> 0...

絞り込み条件を変える

Time#to_i -> Integer (18109.0)

起算時からの経過秒数を整数で返します。

...からの経過秒数を整数で返します。

例:
t = Time.new(2017, 11, 12, 1, 2, 3)
p "%10.5f" % t.to_f # => "1510416123.00000"
p t.to_i # => 1510416123...

Float#to_i -> Integer (18103.0)

小数点以下を切り捨てて値を整数に変換します。

小数点以下を切り捨てて値を整数に変換します。


//emlist[例][ruby]{
2.8.truncate # => 2
(-2.8).truncate # => -2
//}

@see Numeric#round, Numeric#ceil, Numeric#floor
小数点以下を切り捨てて値を整数に変換します。

@param ndigits 10進数での小数点以下の有効桁数を整数で指定します。
正の整数を指定した場合、Float を返します。
小数点以下を、最大 n 桁にします。
負の整数を指定した場合、Integer を返します。
小数点位置から左に少なくとも n 個の 0 が並びます。

//emlist[例][ruby]{
2.8.truncate # => 2
(-2.8).truncate ...

Process::Status#to_i -> Integer (18103.0)

C 言語での終了ステータス表現の整数を返します。

C 言語での終了ステータス表現の整数を返します。

多くのシステムの実装では、この値の上位 8 bit に exit(2)
に渡した終了ステータスが、下位 8 bit にシグナル等で終了した等の情
報が入っています。

Integer#to_i -> self (15109.0)

self を返します。

...self を返します。

例:

10.to_i # => 10

1.floor(2) # => 1.0
1.ceil(2) # => 1.0
1.round(2) # => 1.0
1.truncate(2) # => 1.0...

ARGF.class#to_i -> Integer (15103.0)

現在オープンしているファイルのファイル記述子を表す整数を返します。

現在オープンしているファイルのファイル記述子を表す整数を返します。

ARGF.fileno # => 3

@raise ArgumentError 現在開いているファイルがない場合に発生します。

絞り込み条件を変える

IO#to_i -> Integer (15103.0)

ファイル記述子を表す整数を返します。

ファイル記述子を表す整数を返します。

@raise IOError 既に close されている場合に発生します。


//emlist[例][ruby]{
$stdin.fileno # => 0
$stdout.fileno # => 1
//}
ファイル記述子を表す整数を返します。

@raise IOError 既に close されている場合に発生します。


//emlist[例][ruby]{
$stdin.fileno # => 0
$stdout.fileno # => 1
//}

@see Dir#fileno

Numeric#to_int -> Integer (6118.0)

self.to_i と同じです。

...self.to_i と同じです。

例:

(2+0i).to_int # => 2
Rational(3).to_int # => 3...

Integer#to_int -> self (6109.0)

self を返します。

...self を返します。

例:

10.to_i # => 10...

ARGF.class#to_io -> IO (6102.0)

ARGFが現在開いているファイルのFile、またはIOオブジェクトを 返します。

...ARGFが現在開いているファイルのFile、またはIOオブジェクトを
返します。

ARGF.to_io # => #<File:glark.txt>
ARGF.to_io # => #<IO:<STDIN>>

@see ARGF.class#file, ARGF.class#to_write_io...

IO#to_io -> self (6102.0)

self を返します。

self を返します。

絞り込み条件を変える

Object#to_int -> Integer (6102.0)

オブジェクトの Integer への暗黙の変換が必要なときに内部で呼ばれます。 デフォルトでは定義されていません。

...* 整数が使われるすべての場面で代置可能であるような、
* 整数そのものとみなせるようなもの
という厳しいものになっています。

class Foo
def to_int
1
end
end

ary = [:a, :b, :c]
p(ary[Foo.new]) # => :b

@see Kernel.#Integer...

Object#to_io -> IO (6102.0)

オブジェクトの IO への暗黙の変換が必要なときに内部で呼ばれます。 デフォルトでは定義されていません。

オブジェクトの IO への暗黙の変換が必要なときに内部で呼ばれます。
デフォルトでは定義されていません。

説明のためここに記載してありますが、
このメソッドは実際には Object クラスには定義されていません。
必要に応じてサブクラスで定義すべきものです。

このメソッドを定義する条件は、
* IOオブジェクトが使われるすべての場面で代置可能であるような、
* IOオブジェクトそのものとみなせるようなもの
という厳しいものになっています。

Integer#to_int -> self (3109.0)

self を返します。

...self を返します。

例:

10.to_i # => 10

1.floor(2) # => 1.0
1.ceil(2) # => 1.0
1.round(2) # => 1.0
1.truncate(2) # => 1.0...

Rational#truncate(precision = 0) -> Rational | Integer (3033.0)

小数点以下を切り捨てて値を整数に変換します。

...外のものを指定すると発生します。

//emlist[例][ruby]{
Rational(2, 3).to_i # => 0
Rational(3).to_i # => 3
Rational(300.6).to_i # => 300
Rational(98, 71).to_i # => 1
Rational(-30, 2).to_i # => -15
//}

precision を指定した場合は指定した桁数で切り捨てた整...
<< 1 2 3 ... > >>