るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
52件ヒット [1-52件を表示] (0.019秒)

別のキーワード

  1. matrix index
  2. _builtin index
  3. matrix find_index
  4. _builtin find_index

キーワード

検索結果

Enumerable#each_with_index {|item, index| ... } -> self (6212.0)

要素とそのインデックスをブロックに渡して繰り返します。

...す。

self を返します。

ブロックを省略した場合は、
要素とそのインデックスを繰り返すような
Enumerator を返します。

例:
[5, 10, 15].each_with_index do |n, idx|
p [n, idx]
end
# => [5, 0]
# [10, 1]
# [15, 2]...

Enumerable#find_index -> Enumerator (6130.0)

条件に一致する最初の要素の位置を返します。

...の要素の位置を返します。
等しい要素がひとつもなかった場合は nil を返します。

(1..10).find_index(11) #=> nil
(1..10).find_index(2) #=> 1

ブロックが与えられた場合には、各要素を引数として先頭から順にブロックを実行し、...
...素の位置を返します。
一つも真にならなかった場合は nil を返します。

(1..10).find_index {|i| i % 5 == 0 and i % 7 == 0 } #=> nil
(1..100).find_index {|i| i % 5 == 0 and i % 7 == 0 } #=> 34

引数、ブロックのどちらも与えられなかった場合は...

Enumerable#find_index {|obj| ... } -> Integer | nil (6130.0)

条件に一致する最初の要素の位置を返します。

...の要素の位置を返します。
等しい要素がひとつもなかった場合は nil を返します。

(1..10).find_index(11) #=> nil
(1..10).find_index(2) #=> 1

ブロックが与えられた場合には、各要素を引数として先頭から順にブロックを実行し、...
...素の位置を返します。
一つも真にならなかった場合は nil を返します。

(1..10).find_index {|i| i % 5 == 0 and i % 7 == 0 } #=> nil
(1..100).find_index {|i| i % 5 == 0 and i % 7 == 0 } #=> 34

引数、ブロックのどちらも与えられなかった場合は...

Enumerable#find_index(val) -> Integer | nil (6130.0)

条件に一致する最初の要素の位置を返します。

...の要素の位置を返します。
等しい要素がひとつもなかった場合は nil を返します。

(1..10).find_index(11) #=> nil
(1..10).find_index(2) #=> 1

ブロックが与えられた場合には、各要素を引数として先頭から順にブロックを実行し、...
...素の位置を返します。
一つも真にならなかった場合は nil を返します。

(1..10).find_index {|i| i % 5 == 0 and i % 7 == 0 } #=> nil
(1..100).find_index {|i| i % 5 == 0 and i % 7 == 0 } #=> 34

引数、ブロックのどちらも与えられなかった場合は...

Enumerable#each_with_index -> Enumerator (6112.0)

要素とそのインデックスをブロックに渡して繰り返します。

...す。

self を返します。

ブロックを省略した場合は、
要素とそのインデックスを繰り返すような
Enumerator を返します。

例:
[5, 10, 15].each_with_index do |n, idx|
p [n, idx]
end
# => [5, 0]
# [10, 1]
# [15, 2]...

絞り込み条件を変える

Enumerable#slice_before {|elt| bool } -> Enumerator (9.0)

パターンがマッチした要素、もしくはブロックが真を返した要素から 次にマッチする手前までを チャンク化(グループ化)したものを繰り返す Enumerator を 返します。

...分割していきます。
最初の要素の評価は無視されます。

各チャンクは配列として表現されます。

Enumerable
#to_a や Enumerable#map のようなメソッドを使うこ
ともできます。

# 偶数要素をチャンクの先頭と見なす
[0,2,4,1,2,4,...
...。例えば、連続に増える数値が3つ以上ある場合、これを
まとめる処理をするためには以下のようにします
(Enumerable#chunk_while のより簡単な例も参照)。

a = [0,2,3,4,6,7,9]
prev = a[0]
p a.slice_before {|e|
prev, prev2 = e, prev
prev2...
...e mbox
open("mbox") {|f|
f.slice_before {|line|
line.start_with? "From "
}.each {|mail|
unix_from = mail.shift
i = mail.index("\n")
header = mail[0...i]
body = mail[(i+1)..-1]
body.pop if body.last == "\n"
fields = header.slice_before {|line| !" \t...

Enumerable#slice_before(initial_state) {|elt, state| bool } -> Enumerator (9.0)

パターンがマッチした要素、もしくはブロックが真を返した要素から 次にマッチする手前までを チャンク化(グループ化)したものを繰り返す Enumerator を 返します。

...分割していきます。
最初の要素の評価は無視されます。

各チャンクは配列として表現されます。

Enumerable
#to_a や Enumerable#map のようなメソッドを使うこ
ともできます。

# 偶数要素をチャンクの先頭と見なす
[0,2,4,1,2,4,...
...。例えば、連続に増える数値が3つ以上ある場合、これを
まとめる処理をするためには以下のようにします
(Enumerable#chunk_while のより簡単な例も参照)。

a = [0,2,3,4,6,7,9]
prev = a[0]
p a.slice_before {|e|
prev, prev2 = e, prev
prev2...
...e mbox
open("mbox") {|f|
f.slice_before {|line|
line.start_with? "From "
}.each {|mail|
unix_from = mail.shift
i = mail.index("\n")
header = mail[0...i]
body = mail[(i+1)..-1]
body.pop if body.last == "\n"
fields = header.slice_before {|line| !" \t...

Enumerable#slice_before(pattern) -> Enumerator (9.0)

パターンがマッチした要素、もしくはブロックが真を返した要素から 次にマッチする手前までを チャンク化(グループ化)したものを繰り返す Enumerator を 返します。

...分割していきます。
最初の要素の評価は無視されます。

各チャンクは配列として表現されます。

Enumerable
#to_a や Enumerable#map のようなメソッドを使うこ
ともできます。

# 偶数要素をチャンクの先頭と見なす
[0,2,4,1,2,4,...
...。例えば、連続に増える数値が3つ以上ある場合、これを
まとめる処理をするためには以下のようにします
(Enumerable#chunk_while のより簡単な例も参照)。

a = [0,2,3,4,6,7,9]
prev = a[0]
p a.slice_before {|e|
prev, prev2 = e, prev
prev2...
...e mbox
open("mbox") {|f|
f.slice_before {|line|
line.start_with? "From "
}.each {|mail|
unix_from = mail.shift
i = mail.index("\n")
header = mail[0...i]
body = mail[(i+1)..-1]
body.pop if body.last == "\n"
fields = header.slice_before {|line| !" \t...

Enumerable#to_h(*args) -> Hash (9.0)

self を [key, value] のペアの配列として解析した結果を Hash にして 返します。

...た結果を Hash にして
返します。

@param args each の呼び出し時に引数として渡されます。

%i[hello world].each_with_index.to_h
# => {:hello => 0, :world => 1}...