るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
259件ヒット [1-100件を表示] (0.061秒)

別のキーワード

  1. env fetch
  2. _builtin env
  3. env each
  4. env reject
  5. env each_key

クラス

オブジェクト

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 > >>

ENV.key(val) -> String | nil (36127.0)

val に対応するキーを返します。対応する要素が存在しない時には nil を返します。

...するキーを返します。対応する要素が存在しない時には
nil を返します。

ENV
.index は obsolete です。使用すると警告メッセージが表示されます。
ENV.key
を使用してください。

@param val 値を指定します。文字列で指定します。...

ENV.keys -> [String] (30102.0)

全環境変数の名前の配列を返します。

全環境変数の名前の配列を返します。

ENV.has_key?(key) -> bool (27230.0)

key で指定される環境変数が存在する時、真を返します。

...
key
で指定される環境変数が存在する時、真を返します。

@param key 環境変数の名前を指定します。文字列で指定します。文字列で指定
します。文字列以外のオブジェクトを指定した場合は to_str メソッ
ドに...

ENV.key?(key) -> bool (27230.0)

key で指定される環境変数が存在する時、真を返します。

...
key
で指定される環境変数が存在する時、真を返します。

@param key 環境変数の名前を指定します。文字列で指定します。文字列で指定
します。文字列以外のオブジェクトを指定した場合は to_str メソッ
ドに...

ENV.each_key {|key| ... } -> self (27221.0)

key を引数としてブロックを評価します。

...key を引数としてブロックを評価します。...

絞り込み条件を変える

ENV.each_key -> Enumerator (27121.0)

key を引数としてブロックを評価します。

...key を引数としてブロックを評価します。...

ENV.include?(key) -> bool (24130.0)

key で指定される環境変数が存在する時、真を返します。

...
key
で指定される環境変数が存在する時、真を返します。

@param key 環境変数の名前を指定します。文字列で指定します。文字列で指定
します。文字列以外のオブジェクトを指定した場合は to_str メソッ
ドに...

ENV.member?(key) -> bool (24130.0)

key で指定される環境変数が存在する時、真を返します。

...
key
で指定される環境変数が存在する時、真を返します。

@param key 環境変数の名前を指定します。文字列で指定します。文字列で指定
します。文字列以外のオブジェクトを指定した場合は to_str メソッ
ドに...

ENV.delete(key) {|key| ... } -> String | nil (21249.0)

key に対応する環境変数を取り除きます。取り除かれた環境変数の 値を返しますが、key に対応する環境変数が存在しない時には nil を返します。

...
key
に対応する環境変数を取り除きます。取り除かれた環境変数の
値を返しますが、key に対応する環境変数が存在しない時には
nil を返します。

ブロックが与えられた時には key にマッチするものがなかった時
に評価され...
...ます。

@param key 環境変数名を指定します。文字列で指定します。文字列で指定しま
す。文字列以外のオブジェクトを指定した場合は to_str メソッド
による暗黙の型変換を試みます。...

ENV.fetch(key) {|key| ... } -> String (21234.0)

key に関連づけられた値を返します。該当するキーが登録されてい ない時には、引数 default が与えられていればその値を、ブロッ クが与えられていればそのブロックを評価した値を返します。そのいずれ でもなければ例外が発生します。

...
key
に関連づけられた値を返します。該当するキーが登録されてい
ない時には、引数 default が与えられていればその値を、ブロッ
クが与えられていればそのブロックを評価した値を返します。そのいずれ
でもなければ例外...
...ram key 環境変数の名前を指定します。 文字列で指定します。文字列
で指定します。文字列以外のオブジェクトを指定した場合は
to_str メソッドによる暗黙の型変換を試みます。
@param default key...
...に対応する環境変数の値がないときにこの値を返します。
@raise KeyError 引数defaultもブロックも与えられてない時、キーの探索に失敗すると発生します。...

絞り込み条件を変える

ENV.delete_if {|key, value| ... } -> ENV (21222.0)

key と value を引数としてブロックを評価した値が真であ る時、環境変数を削除します。

...
key
と value を引数としてブロックを評価した値が真であ
る時、環境変数を削除します。

reject! は要素に変化がなければ nil を返します。...

ENV.reject! {|key, value| ... } -> ENV | nil (21222.0)

key と value を引数としてブロックを評価した値が真であ る時、環境変数を削除します。

...
key
と value を引数としてブロックを評価した値が真であ
る時、環境変数を削除します。

reject! は要素に変化がなければ nil を返します。...

ENV.keep_if {|key, value| ... } -> ENV (21218.0)

キーと値を引数としてブロックを評価した結果が真であ るような要素を環境変数に残します。

...keep_if は常に self を返します。
select! はオブジェクトが変更された場合に self を、
されていない場合に nil を返します。

ブロックが省略された場合には Enumerator を返します。

@see ENV.delete_if,ENV.reject!, Hash#keep_if, Hash#select!,...

ENV.select! {|key, value| ... } -> ENV | nil (21218.0)

キーと値を引数としてブロックを評価した結果が真であ るような要素を環境変数に残します。

...keep_if は常に self を返します。
select! はオブジェクトが変更された場合に self を、
されていない場合に nil を返します。

ブロックが省略された場合には Enumerator を返します。

@see ENV.delete_if,ENV.reject!, Hash#keep_if, Hash#select!,...

ENV.delete(key) -> String | nil (21149.0)

key に対応する環境変数を取り除きます。取り除かれた環境変数の 値を返しますが、key に対応する環境変数が存在しない時には nil を返します。

...
key
に対応する環境変数を取り除きます。取り除かれた環境変数の
値を返しますが、key に対応する環境変数が存在しない時には
nil を返します。

ブロックが与えられた時には key にマッチするものがなかった時
に評価され...
...ます。

@param key 環境変数名を指定します。文字列で指定します。文字列で指定しま
す。文字列以外のオブジェクトを指定した場合は to_str メソッド
による暗黙の型変換を試みます。...

絞り込み条件を変える

<< 1 2 3 > >>