るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
28件ヒット [1-28件を表示] (0.019秒)
トップページ > クラス:Time[x] > クエリ:local[x] > クエリ:getutc[x]

別のキーワード

  1. socket pf_local
  2. socket af_local
  3. socket local_creds
  4. socket local_peercred
  5. socket local_connwait

ライブラリ

キーワード

検索結果

Time#getutc -> Time (15108.0)

タイムゾーンを協定世界時に設定した Time オブジェクトを新しく 生成して返します。

...タイムゾーンを協定世界時に設定した Time オブジェクトを新しく
生成して返します。

t = Time.local(2000,1,1,20,15,1) #=> Sat Jan 01 20:15:01 CST 2000
t.gmt? #=> false
y = t.getgm #=> Sun Jan 02 02:15:01 UTC...

Time#gmt? -> bool (13.0)

self のタイムゾーンが協定世界時に設定されていれば真を返します。

...ムゾーンが協定世界時に設定されていれば真を返します。

t = Time.local(2017,9,19,15,0,0) # => 2017-09-19 15:00:00 +0900
t.utc? # => false
utc_t = t.getutc # => 2017-09-19 06:00:00 UTC
utc_t.utc? #...

Time#utc? -> bool (13.0)

self のタイムゾーンが協定世界時に設定されていれば真を返します。

...ムゾーンが協定世界時に設定されていれば真を返します。

t = Time.local(2017,9,19,15,0,0) # => 2017-09-19 15:00:00 +0900
t.utc? # => false
utc_t = t.getutc # => 2017-09-19 06:00:00 UTC
utc_t.utc? #...

Time#getgm -> Time (8.0)

タイムゾーンを協定世界時に設定した Time オブジェクトを新しく 生成して返します。

...タイムゾーンを協定世界時に設定した Time オブジェクトを新しく
生成して返します。

t = Time.local(2000,1,1,20,15,1) #=> Sat Jan 01 20:15:01 CST 2000
t.gmt? #=> false
y = t.getgm #=> Sun Jan 02 02:15:01 UTC...