るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
22件ヒット [1-22件を表示] (0.012秒)
トップページ > クラス:Thread[x] > クエリ:start[x]

別のキーワード

  1. pop start
  2. http start
  3. pop3 start
  4. smtp start
  5. net/pop start

ライブラリ

キーワード

検索結果

Thread.start(*arg) {|*arg| ... } -> Thread (15114.0)

スレッドを生成して、ブロックの評価を開始します。 生成したスレッドを返します。

...スレッドを生成して、ブロックの評価を開始します。
生成したスレッドを返します。

基本的に Thread.new と同じですが、
new メソッドと違い initialize メソッドを呼びません。

@param arg 引数 arg はそのままブロックに渡されま...
...始と同時にその
スレッド固有のローカル変数に値を渡すために使用します。

@raise ThreadError 現在のスレッドが属する ThreadGroup が freeze されている場合に発生します。またブロックを与えられずに呼ばれた場合にも発...
...ードは間違いです。スレッドの実行が開始される前に
変数 i が書き変わる可能性があるからです。

for i in 1..5
Thread
.start { p i }
end

上の例は以下のように書き直すべきです。

for i in 1..5
Thread
.start(i) {|t| p t }
end...

Thread#backtrace_locations(start = 0, length = nil) -> [Thread::Backtrace::Location] | nil (108.0)

スレッドの現在のバックトレースを Thread::Backtrace::Location の配 列で返します。

...スレッドの現在のバックトレースを Thread::Backtrace::Location の配
列で返します。

引数で指定した値が範囲外の場合、スレッドがすでに終了している場合は nil
を返します。

@param start 開始フレームの位置を数値で指定します...
...フレームの個数を指定します。

@param range 取得したいフレームの範囲を示す Range オブジェクトを指定します。

Kernel.#caller_locations と似ていますが、本メソッドは self に限定
した情報を返します。

@see Thread::Backtrace::Location...

Thread.fork(*arg) {|*arg| ... } -> Thread (14.0)

スレッドを生成して、ブロックの評価を開始します。 生成したスレッドを返します。

...スレッドを生成して、ブロックの評価を開始します。
生成したスレッドを返します。

基本的に Thread.new と同じですが、
new メソッドと違い initialize メソッドを呼びません。

@param arg 引数 arg はそのままブロックに渡されま...
...始と同時にその
スレッド固有のローカル変数に値を渡すために使用します。

@raise ThreadError 現在のスレッドが属する ThreadGroup が freeze されている場合に発生します。またブロックを与えられずに呼ばれた場合にも発...
...ードは間違いです。スレッドの実行が開始される前に
変数 i が書き変わる可能性があるからです。

for i in 1..5
Thread
.start { p i }
end

上の例は以下のように書き直すべきです。

for i in 1..5
Thread
.start(i) {|t| p t }
end...

Thread#backtrace_locations(range) -> [Thread::Backtrace::Location] | nil (8.0)

スレッドの現在のバックトレースを Thread::Backtrace::Location の配 列で返します。

...スレッドの現在のバックトレースを Thread::Backtrace::Location の配
列で返します。

引数で指定した値が範囲外の場合、スレッドがすでに終了している場合は nil
を返します。

@param start 開始フレームの位置を数値で指定します...
...フレームの個数を指定します。

@param range 取得したいフレームの範囲を示す Range オブジェクトを指定します。

Kernel.#caller_locations と似ていますが、本メソッドは self に限定
した情報を返します。

@see Thread::Backtrace::Location...