るりまサーチ (Ruby 2.3.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
5件ヒット [1-5件を表示] (0.010秒)
トップページ > クラス:String[x] > バージョン:2.3.0[x] > クエリ:lines[x]

別のキーワード

  1. _builtin lines
  2. io lines
  3. argf.class lines
  4. stringio lines
  5. lines _builtin

ライブラリ

キーワード

検索結果

String#lines(rs = $/) -> [String] (18110.0)

文字列中の各行を文字列の配列で返します。(self.each_line.to_a と同じです)

...で分割します)。


@param rs 行末を示す文字列


ブロックが指定された場合は String#each_line と同じように動作しま
す。ただし obsolete のため、ブロックを指定する場合は
String
#each_line を使用してください。

@see String#each_line...

String#lines(rs = $/) {|line| ... } -> self (18110.0)

文字列中の各行を文字列の配列で返します。(self.each_line.to_a と同じです)

...で分割します)。


@param rs 行末を示す文字列


ブロックが指定された場合は String#each_line と同じように動作しま
す。ただし obsolete のため、ブロックを指定する場合は
String
#each_line を使用してください。

@see String#each_line...

String#each_line(rs = $/) -> Enumerator (38.0)

文字列中の各行に対して繰り返します。 行の区切りは rs に指定した文字列で、 そのデフォルト値は変数 $/ の値です。 各 line には区切りの文字列も含みます。

...# => "cc\n"

p "aa\nbb\ncc\n".lines.to_a # => ["aa\n", "bb\n", "cc\n"]
p "aa\n".lines.to_a # => ["aa\n"]
p "".lines.to_a # => []

s = "aa\nbb\ncc\n"
p s.lines("\n").to_a #=> ["aa\n", "bb\n", "cc\n"]
p s.lines("bb").to_a #=> ["aa\nbb", "\ncc\n"]
//}

@see String#lines...

String#each_line(rs = $/) {|line| ... } -> self (38.0)

文字列中の各行に対して繰り返します。 行の区切りは rs に指定した文字列で、 そのデフォルト値は変数 $/ の値です。 各 line には区切りの文字列も含みます。

...# => "cc\n"

p "aa\nbb\ncc\n".lines.to_a # => ["aa\n", "bb\n", "cc\n"]
p "aa\n".lines.to_a # => ["aa\n"]
p "".lines.to_a # => []

s = "aa\nbb\ncc\n"
p s.lines("\n").to_a #=> ["aa\n", "bb\n", "cc\n"]
p s.lines("bb").to_a #=> ["aa\nbb", "\ncc\n"]
//}

@see String#lines...

String#count(*chars) -> Integer (20.0)

chars で指定された文字が文字列 self にいくつあるか数えます。

chars で指定された文字が文字列 self にいくつあるか数えます。

検索する文字を示す引数 chars の形式は tr(1) と同じです。
つまり、「"a-c"」は文字 a から c を意味し、
「"^0-9"」のように文字列の先頭が「^」の場合は
指定文字以外を意味します。

文字「-」は文字列の両端にない場合にだけ範囲指定の意味になります。
同様に、「^」も文字列の先頭にあるときだけ否定の効果を発揮します。
また、「-」「^」「\」は
バックスラッシュ (「\」) によりエスケープできます。

引数を複数指定した場合は、
すべての引数にマッチした文字だけを数えます。

@para...

絞り込み条件を変える