るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
12件ヒット [1-12件を表示] (0.008秒)
トップページ > クラス:String[x] > クエリ:chomp[x]

別のキーワード

  1. _builtin chomp
  2. kernel chomp
  3. string chomp
  4. string chomp!
  5. _builtin chomp!

ライブラリ

検索結果

String#chomp(rs = $/) -> String (18144.0)

self の末尾から rs で指定する改行コードを取り除いた文字列を生成して返します。 ただし、rs が "\n" ($/ のデフォルト値) のときは、 実行環境によらず "\r", "\r\n", "\n" のすべてを改行コードとみなして取り除きます。

...:

p "foo\n".chomp # => "foo"
p "foo\n".chomp("\n") # => "foo"
p "foo\r\n".chomp("\r\n") # => "foo"

$/ = "\n" # デフォルト値と同じ
p "foo\r".chomp # => "foo"
p "foo\r\n".chomp # => "foo"
p "foo\n".chomp # => "foo"
p "foo\n\r".chomp # => "foo\n"...

String#chomp!(rs = $/) -> self | nil (6138.0)

self の末尾から rs で指定する改行コードを取り除きます。 ただし rs が "\n" ($/ のデフォルト値) のときは、 システムによらず "\r", "\r\n", "\n" のすべてを改行コードとみなして取り除きます。

...n chomp! は通常 self を返しますが、取り除く改行がなかった場合は nil を返します。

例:

buf = "string\n"
buf.chomp!
p buf # => "string"

$/ = "\n" # デフォルトと同じ
p "foo\r".chomp! # => "foo"
p "foo\r\n".chomp! # => "foo"
p "foo\n".chomp!...
...# => "foo"
p "foo\n\r".chomp! # => "foo\n"...