るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
19件ヒット [1-19件を表示] (0.006秒)
トップページ > クラス:String[x] > クエリ:casecmp[x]

別のキーワード

  1. _builtin casecmp
  2. string casecmp
  3. symbol casecmp
  4. casecmp _builtin
  5. casecmp string

ライブラリ

キーワード

検索結果

String#casecmp(other) -> -1 | 0 | 1 | nil (18138.0)

String#<=> と同様に文字列の順序を比較しますが、 アルファベットの大文字小文字の違いを無視します。

...
String
#<=> と同様に文字列の順序を比較しますが、
アルファベットの大文字小文字の違いを無視します。

このメソッドの動作は組み込み変数 $= には影響されません。


@param other self と比較する文字列

例:

"aBcDeF".casecmp("a...
...1
"aBcDeF".casecmp("abcdef") #=> 0
"aBcDeF".casecmp("abcdefg") #=> -1
"abcdef".casecmp("ABCDEF") #=> 0

nil は文字列のエンコーディングが非互換の時に返されます。

"\u{e4 f6 fc}".encode("ISO-8859-1").casecmp("\u{c4 d6 dc}") #=> nil

@see String#<=>, Encodin...
...
String
#<=> と同様に文字列の順序を比較しますが、
アルファベットの大文字小文字の違いを無視します。

このメソッドの動作は組み込み変数 $= には影響されません。

String
#casecmp? と違って大文字小文字の違いを無視するの...
...:

"aBcDeF".casecmp("abcde") #=> 1
"aBcDeF".casecmp("abcdef") #=> 0
"aBcDeF".casecmp("abcdefg") #=> -1
"abcdef".casecmp("ABCDEF") #=> 0

nil は文字列のエンコーディングが非互換の時に返されます。

"\u{e4 f6 fc}".encode("ISO-8859-1").casecmp("\u{c4 d6 dc}...
...") #=> nil

@see String#<=>, Encoding#compatible?...

String#casecmp?(other) -> bool | nil (6144.0)

大文字小文字の違いを無視し文字列を比較します。 文字列が一致する場合には true を返し、一致しない場合には false を返します。

...m other self と比較する文字列

例:

"abcdef".casecmp?("abcde") #=> false
"aBcDeF".casecmp?("abcdef") #=> true
"abcdef".casecmp?("abcdefg") #=> false
"abcdef".casecmp?("ABCDEF") #=> true
"\u{e4 f6 fc}".casecmp?("\u{c4 d6 dc}") #=> true

nil は文字列のエンコ...
...ーディングが非互換の時に返されます。

"\u{e4 f6 fc}".encode("ISO-8859-1").casecmp?("\u{c4 d6 dc}") #=> nil

@see String#casecmp...

String#<=>(other) -> -1 | 0 | 1 | nil (7.0)

self と other を ASCII コード順で比較して、 self が大きい時には 1、等しい時には 0、小さい時には -1 を返します。 このメソッドは Comparable モジュールのメソッドを実装するために使われます。

...す。
ただし $= 変数はいずれ廃止されることが決まっているので
$= に頼るべきではありません。
代わりに String#casecmp を使ってください。

other が文字列でない場合、
other.to_str と other.<=> が定義されていれば
0 - (other <=> self)...
...ます。

@param other 文字列
@return 比較結果の整数か nil

例:

p "aaa" <=> "xxx" # => -1
p "aaa" <=> "aaa" # => 0
p "xxx" <=> "aaa" # => 1

p "string" <=> "stringAA" # => -1
p "string" <=> "string" # => 0
p "stringAA" <=> "string" # => 1...

String#eql?(other) -> bool (7.0)

文字列の内容が文字列 other の内容と等しいときに true を返します。 等しくなければ false を返します。

...します。
同一のオブジェクトかどうかを比較するわけではありません。
つまり、"string".eql?(str) という式を実行した場合には、
str が "string" という内容の文字列でありさえすれば常に true を返します。
同一のオブジェクト...
...は、String#upcase,
String
#downcase で大文字小文字を揃えてから比較してください。

Hash クラス内での比較に使われます。

@param other 任意のオブジェクト
@return true か false

例:

p "string".eql?("string") # => true
p "string".eql?(...
..."ing") # => true (内容が同じなら true)
p "string".eql?("stringX".chop) # => true (内容が同じなら true)

p "string".upcase.eql?("String".upcase) # => true
p "string".downcase.eql?("String".downcase) # => true

@see Hash, String#<=>, String#casecmp, String#==...