るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
36件ヒット [1-36件を表示] (0.024秒)
トップページ > クラス:String[x] > クエリ:Encoding[x] > クエリ:scrub[x]

別のキーワード

  1. stringio set_encoding
  2. _builtin set_encoding
  3. _builtin encoding
  4. rss encoding
  5. rss encoding=

ライブラリ

検索結果

String#scrub -> String (18158.0)

self が不正なバイト列を含む場合に別の文字列に置き換えた新しい文字列を返します。

...指定します。省略した場合
は self の文字エンコーディングが Encoding::UTF_16BE,
Encoding
::UTF_16LE, Encoding::UTF_32BE,
Encoding
::UTF_32LE, Encoding::UTF_8 のいずれか
の場合は "\uFFFD" を表す文字で、それ以外...
...
ロックの戻り値で置き換えられます。

//emlist[例][ruby]{
"abc\u3042\x81".scrub # => "abc\u3042\uFFFD"
"abc\u3042\x81".scrub("*") # => "abc\u3042*"
"abc\u3042\xE3\x80".scrub{|bytes| '<'+bytes.unpack('H*')[0]+'>' } # => "abc\u3042<e380>"
//}

@see String#scrub!...

String#scrub {|bytes| ... } -> String (18158.0)

self が不正なバイト列を含む場合に別の文字列に置き換えた新しい文字列を返します。

...指定します。省略した場合
は self の文字エンコーディングが Encoding::UTF_16BE,
Encoding
::UTF_16LE, Encoding::UTF_32BE,
Encoding
::UTF_32LE, Encoding::UTF_8 のいずれか
の場合は "\uFFFD" を表す文字で、それ以外...
...
ロックの戻り値で置き換えられます。

//emlist[例][ruby]{
"abc\u3042\x81".scrub # => "abc\u3042\uFFFD"
"abc\u3042\x81".scrub("*") # => "abc\u3042*"
"abc\u3042\xE3\x80".scrub{|bytes| '<'+bytes.unpack('H*')[0]+'>' } # => "abc\u3042<e380>"
//}

@see String#scrub!...

String#scrub(repl) -> String (18158.0)

self が不正なバイト列を含む場合に別の文字列に置き換えた新しい文字列を返します。

...指定します。省略した場合
は self の文字エンコーディングが Encoding::UTF_16BE,
Encoding
::UTF_16LE, Encoding::UTF_32BE,
Encoding
::UTF_32LE, Encoding::UTF_8 のいずれか
の場合は "\uFFFD" を表す文字で、それ以外...
...
ロックの戻り値で置き換えられます。

//emlist[例][ruby]{
"abc\u3042\x81".scrub # => "abc\u3042\uFFFD"
"abc\u3042\x81".scrub("*") # => "abc\u3042*"
"abc\u3042\xE3\x80".scrub{|bytes| '<'+bytes.unpack('H*')[0]+'>' } # => "abc\u3042<e380>"
//}

@see String#scrub!...

String#scrub! -> String (6158.0)

self が不正なバイト列を含む場合に別の文字列に置き換えます。常に self を返します。

...指定します。省略した場合
は self の文字エンコーディングが Encoding::UTF_16BE,
Encoding
::UTF_16LE, Encoding::UTF_32BE,
Encoding
::UTF_32LE, Encoding::UTF_8 のいずれか
の場合は "\uFFFD" を表す文字で、それ以外...
...ロックの戻り値で置き換えられます。

//emlist[例][ruby]{
"abc\u3042\x81".scrub! # => "abc\u3042\uFFFD"
"abc\u3042\x81".scrub!("*") # => "abc\u3042*"
"abc\u3042\xE3\x80".scrub!{|bytes| '<'+bytes.unpack('H*')[0]+'>' } # => "abc\u3042<e380>"
//}

@see String#scrub...

String#scrub! {|bytes| ... } -> String (6158.0)

self が不正なバイト列を含む場合に別の文字列に置き換えます。常に self を返します。

...指定します。省略した場合
は self の文字エンコーディングが Encoding::UTF_16BE,
Encoding
::UTF_16LE, Encoding::UTF_32BE,
Encoding
::UTF_32LE, Encoding::UTF_8 のいずれか
の場合は "\uFFFD" を表す文字で、それ以外...
...ロックの戻り値で置き換えられます。

//emlist[例][ruby]{
"abc\u3042\x81".scrub! # => "abc\u3042\uFFFD"
"abc\u3042\x81".scrub!("*") # => "abc\u3042*"
"abc\u3042\xE3\x80".scrub!{|bytes| '<'+bytes.unpack('H*')[0]+'>' } # => "abc\u3042<e380>"
//}

@see String#scrub...

絞り込み条件を変える

String#scrub!(repl) -> String (6158.0)

self が不正なバイト列を含む場合に別の文字列に置き換えます。常に self を返します。

...指定します。省略した場合
は self の文字エンコーディングが Encoding::UTF_16BE,
Encoding
::UTF_16LE, Encoding::UTF_32BE,
Encoding
::UTF_32LE, Encoding::UTF_8 のいずれか
の場合は "\uFFFD" を表す文字で、それ以外...
...ロックの戻り値で置き換えられます。

//emlist[例][ruby]{
"abc\u3042\x81".scrub! # => "abc\u3042\uFFFD"
"abc\u3042\x81".scrub!("*") # => "abc\u3042*"
"abc\u3042\xE3\x80".scrub!{|bytes| '<'+bytes.unpack('H*')[0]+'>' } # => "abc\u3042<e380>"
//}

@see String#scrub...