るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
7件ヒット [1-7件を表示] (0.003秒)
トップページ > クラス:String[x] > ライブラリ:syck/rubytypes[x]

検索結果

String#is_binary_data? -> true | nil (3.0)

自身が ASCII 文字以外の文字列を含む場合に true を返します。

自身が ASCII 文字以外の文字列を含む場合に true を返します。

この値が true になる場合、self.to_yaml した結果、"!binary ..." というよ
うな文字列を返します。

require 'yaml'
print "テスト".to_yaml
# => --- !binary |
44OG44K544OI

String#is_complex_yaml? -> Integer | nil (3.0)

自身が複数行になるキーを含むような YAML である場合に真になる値を返しま す。

自身が複数行になるキーを含むような YAML である場合に真になる値を返しま
す。

例: ["Detroit Tigers", "Chicago cubs"] をキーとする場合

require 'yaml'
s = <<EOS
?
- Detroit Tigers
- Chicago cubs
:
- 2001-07-23
EOS
p s.is_complex_yaml? # => 2
p YAML.load(s) # => {["Detroit Tigers", "Chicago cubs"]=>[#<Date: 4904227/...

String#taguri -> String (3.0)

自身のタグ URI を返します。

自身のタグ URI を返します。

String#taguri=(val) (3.0)

自身のタグ URI を val に設定します。

自身のタグ URI を val に設定します。

@param val タグ URI を文字列で指定します。

String#to_yaml(opts = {}) -> String (3.0)

自身を YAML ドキュメントに変換します。

自身を YAML ドキュメントに変換します。

@param opts YAML ドキュメント出力の際のオプションを指定します。
オプションの詳細は Syck::Emitter#reset を参照し
てください。

require 'yaml'
print "foo".to_yaml # => --- foo

絞り込み条件を変える

String.yaml_new(klass, tag, val) (3.0)

ライブラリ内部で使用します。

ライブラリ内部で使用します。

String.yaml_tag_subclasses? -> true (3.0)

常に true を返します。

常に true を返します。

ライブラリ内部で使用します。