るりまサーチ (Ruby 1.9.3)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
12件ヒット [1-12件を表示] (0.003秒)

ライブラリ

キーワード

検索結果

RubyVM::InstructionSequence#disasm -> String (2.0)

self が表す命令シーケンスを人間が読める形式の文字列に変換して返します。

...命令シーケンスを人間が読める形式の文字列に変換して返します。

puts RubyVM::InstructionSequence.compile('1 + 2').disasm

出力:

== disasm: <RubyVM::InstructionSequence:<compiled>@<compiled>>==========
0000 trace 1...
...( 1)
0002 putobject 1
0004 putobject 2
0006 opt_plus <ic:1>
0008 leave

@see RubyVM::InstructionSequence.disasm...

RubyVM::InstructionSequence#disassemble -> String (2.0)

self が表す命令シーケンスを人間が読める形式の文字列に変換して返します。

...命令シーケンスを人間が読める形式の文字列に変換して返します。

puts RubyVM::InstructionSequence.compile('1 + 2').disasm

出力:

== disasm: <RubyVM::InstructionSequence:<compiled>@<compiled>>==========
0000 trace 1...
...( 1)
0002 putobject 1
0004 putobject 2
0006 opt_plus <ic:1>
0008 leave

@see RubyVM::InstructionSequence.disasm...

RubyVM::InstructionSequence#eval -> object (2.0)

self の命令シーケンスを評価してその結果を返します。

...self の命令シーケンスを評価してその結果を返します。

RubyVM::InstructionSequence
.compile("1 + 2").eval # => 3...

RubyVM::InstructionSequence#inspect -> String (2.0)

self の情報をラベルとパスを含んだ人間に読みやすい文字列にして返します。

self の情報をラベルとパスを含んだ人間に読みやすい文字列にして返します。

RubyVM::InstructionSequence#to_a -> Array (2.0)

self の情報を 14 要素の配列にして返します。

self の情報を 14 要素の配列にして返します。

命令シーケンスを以下の情報で表します。

: magic

データフォーマットを示す文字列。常に
"YARVInstructionSequence/SimpleDataFormat"。

: major_version

命令シーケンスのメジャーバージョン。

: minor_version

命令シーケンスのマイナーバージョン。

: format_type

データフォーマットを示す数値。常に 1。

: misc

以下の要素から構成される Hash オブジェクト。

:arg_size: メソッド、ブ...

絞り込み条件を変える

RubyVM::InstructionSequence.compile(source, file = nil, path = nil, line = 1, options = nil) -> RubyVM::InstructionSequence (2.0)

引数 source で指定した Ruby のソースコードを元にコンパイル済みの RubyVM::InstructionSequence オブジェクトを作成して返します。

...引数 source で指定した Ruby のソースコードを元にコンパイル済みの
RubyVM::InstructionSequence
オブジェクトを作成して返します。

@param source Ruby のソースコードを文字列で指定します。

@param file ファイル名を文字列で指定しま...
...かで指定します。詳細は
RubyVM::InstructionSequence
.compile_option= を参照
してください。

RubyVM::InstructionSequence
.compile("a = 1 + 2")
# => <RubyVM::InstructionSequence:<compiled>@<compiled>>

@see RubyVM::InstructionSequence.compile_file...

RubyVM::InstructionSequence.compile_file(file, options = nil) -> RubyVM::InstructionSequence (2.0)

引数 file で指定した Ruby のソースコードを元にコンパイル済みの RubyVM::InstructionSequence オブジェクトを作成して返します。

...引数 file で指定した Ruby のソースコードを元にコンパイル済みの
RubyVM::InstructionSequence
オブジェクトを作成して返します。

RubyVM::InstructionSequence
.compile とは異なり、file、path などの
メタデータは自動的に取得します。

@param...
...定します。詳細は
RubyVM::InstructionSequence
.compile_option= を参照
してください。

# /tmp/hello.rb
puts "Hello, world!"

# irb
RubyVM::InstructionSequence
.compile_file("/tmp/hello.rb")
# => <RubyVM::InstructionSequence:<main>@/tmp/hello.rb>...

RubyVM::InstructionSequence.compile_option -> Hash (2.0)

命令シーケンスのコンパイル時のデフォルトの最適化オプションを Hash で返 します。

...命令シーケンスのコンパイル時のデフォルトの最適化オプションを Hash で返
します。

@see RubyVM::InstructionSequence.compile_option=...

RubyVM::InstructionSequence.compile_option=(options) (2.0)

命令シーケンスのコンパイル時のデフォルトの最適化オプションを引数 options で指定します。

...compile、.compile_file メソッドの実行の際に option 引数を指定し
た場合はその実行のみ最適化オプションを変更する事もできます。

@see RubyVM::InstructionSequence.new,
RubyVM::InstructionSequence
.compile,
RubyVM::InstructionSequence
.compile_file...

RubyVM::InstructionSequence.disasm(body) -> String (2.0)

引数 body で指定したオブジェクトから作成した RubyVM::InstructionSequence オブジェクトを人間が読める形式の文字 列に変換して返します。

...引数 body で指定したオブジェクトから作成した
RubyVM::InstructionSequence
オブジェクトを人間が読める形式の文字
列に変換して返します。

@param body Proc、Method オブジェクトを指定します。

例1:Proc オブジェクトを指定した場合...
...# /tmp/proc.rb
p = proc { num = 1 + 2 }
puts RubyVM::InstructionSequence.disasm(p)

出力:

== disasm: <RubyVM::InstructionSequence:block in <main>@/tmp/proc.rb>===
== catch table
| catch type: redo st: 0000 ed: 0012 sp: 0000 cont: 0000
| catch type: next st: 0000 ed: 0012 sp: 00...
...クトを指定した場合

# /tmp/method.rb
def hello
puts "hello, world"
end

puts RubyVM::InstructionSequence.disasm(method(:hello))

出力:

== disasm: <RubyVM::InstructionSequence:hello@/tmp/method.rb>============
0000 trace 8...

絞り込み条件を変える

RubyVM::InstructionSequence.disassemble(body) -> String (2.0)

引数 body で指定したオブジェクトから作成した RubyVM::InstructionSequence オブジェクトを人間が読める形式の文字 列に変換して返します。

...引数 body で指定したオブジェクトから作成した
RubyVM::InstructionSequence
オブジェクトを人間が読める形式の文字
列に変換して返します。

@param body Proc、Method オブジェクトを指定します。

例1:Proc オブジェクトを指定した場合...
...# /tmp/proc.rb
p = proc { num = 1 + 2 }
puts RubyVM::InstructionSequence.disasm(p)

出力:

== disasm: <RubyVM::InstructionSequence:block in <main>@/tmp/proc.rb>===
== catch table
| catch type: redo st: 0000 ed: 0012 sp: 0000 cont: 0000
| catch type: next st: 0000 ed: 0012 sp: 00...
...クトを指定した場合

# /tmp/method.rb
def hello
puts "hello, world"
end

puts RubyVM::InstructionSequence.disasm(method(:hello))

出力:

== disasm: <RubyVM::InstructionSequence:hello@/tmp/method.rb>============
0000 trace 8...

RubyVM::InstructionSequence.new(source, file = nil, path = nil, line = 1, options = nil) -> RubyVM::InstructionSequence (2.0)

引数 source で指定した Ruby のソースコードを元にコンパイル済みの RubyVM::InstructionSequence オブジェクトを作成して返します。

...引数 source で指定した Ruby のソースコードを元にコンパイル済みの
RubyVM::InstructionSequence
オブジェクトを作成して返します。

@param source Ruby のソースコードを文字列で指定します。

@param file ファイル名を文字列で指定しま...
...かで指定します。詳細は
RubyVM::InstructionSequence
.compile_option= を参照
してください。

RubyVM::InstructionSequence
.compile("a = 1 + 2")
# => <RubyVM::InstructionSequence:<compiled>@<compiled>>

@see RubyVM::InstructionSequence.compile_file...