るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
51件ヒット [1-51件を表示] (0.008秒)
トップページ > クラス:RubyVM::InstructionSequence[x] > 種類:特異メソッド[x]

ライブラリ

検索結果

RubyVM::InstructionSequence.compile(source, file = nil, path = nil, line = 1, options = nil) -> RubyVM::InstructionSequence (2.0)

引数 source で指定した Ruby のソースコードを元にコンパイル済みの RubyVM::InstructionSequence オブジェクトを作成して返します。

...引数 source で指定した Ruby のソースコードを元にコンパイル済みの
RubyVM::InstructionSequence
オブジェクトを作成して返します。

@param source Ruby のソースコードを文字列で指定します。

@param file ファイル名を文字列で指定しま...
...かで指定します。詳細は
RubyVM::InstructionSequence
.compile_option= を参照
してください。

RubyVM::InstructionSequence
.compile("a = 1 + 2")
# => <RubyVM::InstructionSequence:<compiled>@<compiled>>

@see RubyVM::InstructionSequence.compile_file...

RubyVM::InstructionSequence.compile_file(file, options = nil) -> RubyVM::InstructionSequence (2.0)

引数 file で指定した Ruby のソースコードを元にコンパイル済みの RubyVM::InstructionSequence オブジェクトを作成して返します。

...引数 file で指定した Ruby のソースコードを元にコンパイル済みの
RubyVM::InstructionSequence
オブジェクトを作成して返します。

RubyVM::InstructionSequence
.compile とは異なり、file、path などの
メタデータは自動的に取得します。

@param...
...定します。詳細は
RubyVM::InstructionSequence
.compile_option= を参照
してください。

# /tmp/hello.rb
puts "Hello, world!"

# irb
RubyVM::InstructionSequence
.compile_file("/tmp/hello.rb")
# => <RubyVM::InstructionSequence:<main>@/tmp/hello.rb>...

RubyVM::InstructionSequence.compile_option -> Hash (2.0)

命令シーケンスのコンパイル時のデフォルトの最適化オプションを Hash で返 します。

...命令シーケンスのコンパイル時のデフォルトの最適化オプションを Hash で返
します。

@see RubyVM::InstructionSequence.compile_option=...

RubyVM::InstructionSequence.compile_option=(options) (2.0)

命令シーケンスのコンパイル時のデフォルトの最適化オプションを引数 options で指定します。

...compile、.compile_file メソッドの実行の際に option 引数を指定し
た場合はその実行のみ最適化オプションを変更する事もできます。

@see RubyVM::InstructionSequence.new,
RubyVM::InstructionSequence
.compile,
RubyVM::InstructionSequence
.compile_file...

RubyVM::InstructionSequence.disasm(body) -> String (2.0)

引数 body で指定したオブジェクトから作成した RubyVM::InstructionSequence オブジェクトを人間が読める形式の文字 列に変換して返します。

...引数 body で指定したオブジェクトから作成した
RubyVM::InstructionSequence
オブジェクトを人間が読める形式の文字
列に変換して返します。

@param body Proc、Method オブジェクトを指定します。

例1:Proc オブジェクトを指定した場合...
...# /tmp/proc.rb
p = proc { num = 1 + 2 }
puts RubyVM::InstructionSequence.disasm(p)

出力:

== disasm: <RubyVM::InstructionSequence:block in <main>@/tmp/proc.rb>===
== catch table
| catch type: redo st: 0000 ed: 0012 sp: 0000 cont: 0000
| catch type: next st: 0000 ed: 0012 sp: 00...
...クトを指定した場合

# /tmp/method.rb
def hello
puts "hello, world"
end

puts RubyVM::InstructionSequence.disasm(method(:hello))

出力:

== disasm: <RubyVM::InstructionSequence:hello@/tmp/method.rb>============
0000 trace 8...

絞り込み条件を変える

RubyVM::InstructionSequence.disassemble(body) -> String (2.0)

引数 body で指定したオブジェクトから作成した RubyVM::InstructionSequence オブジェクトを人間が読める形式の文字 列に変換して返します。

...引数 body で指定したオブジェクトから作成した
RubyVM::InstructionSequence
オブジェクトを人間が読める形式の文字
列に変換して返します。

@param body Proc、Method オブジェクトを指定します。

例1:Proc オブジェクトを指定した場合...
...# /tmp/proc.rb
p = proc { num = 1 + 2 }
puts RubyVM::InstructionSequence.disasm(p)

出力:

== disasm: <RubyVM::InstructionSequence:block in <main>@/tmp/proc.rb>===
== catch table
| catch type: redo st: 0000 ed: 0012 sp: 0000 cont: 0000
| catch type: next st: 0000 ed: 0012 sp: 00...
...クトを指定した場合

# /tmp/method.rb
def hello
puts "hello, world"
end

puts RubyVM::InstructionSequence.disasm(method(:hello))

出力:

== disasm: <RubyVM::InstructionSequence:hello@/tmp/method.rb>============
0000 trace 8...

RubyVM::InstructionSequence.load_from_binary(binary) -> RubyVM::InstructionSequence (2.0)

RubyVM::InstructionSequence#to_binaryにより作られたバイナリフォーマットの文字列からiseqのオブジェクトをロードします。

...
RubyVM::InstructionSequence
#to_binaryにより作られたバイナリフォーマットの文字列からiseqのオブジェクトをロードします。

このローダーは検証機構をもっておらず、壊れたり改変されたバイナリを読み込むと深刻な問題を引き起...
...こします。

他者により提供されたバイナリデータはロードすべきではありません。自分が変換したバイナリデータを使うべきです。

@see RubyVM::InstructionSequence#to_binary...

RubyVM::InstructionSequence.load_from_binary_extra_data(binary) -> String (2.0)

バイナリフォーマットの文字列から埋め込まれたextra_dataを取り出します。

...バイナリフォーマットの文字列から埋め込まれたextra_dataを取り出します。

@see RubyVM::InstructionSequence#to_binary...

RubyVM::InstructionSequence.new(source, file = nil, path = nil, line = 1, options = nil) -> RubyVM::InstructionSequence (2.0)

引数 source で指定した Ruby のソースコードを元にコンパイル済みの RubyVM::InstructionSequence オブジェクトを作成して返します。

...引数 source で指定した Ruby のソースコードを元にコンパイル済みの
RubyVM::InstructionSequence
オブジェクトを作成して返します。

@param source Ruby のソースコードを文字列で指定します。

@param file ファイル名を文字列で指定しま...
...かで指定します。詳細は
RubyVM::InstructionSequence
.compile_option= を参照
してください。

RubyVM::InstructionSequence
.compile("a = 1 + 2")
# => <RubyVM::InstructionSequence:<compiled>@<compiled>>

@see RubyVM::InstructionSequence.compile_file...

RubyVM::InstructionSequence.of(body) -> RubyVM::InstructionSequence (2.0)

引数 body で指定した Proc、Method オブジェクトを元に RubyVM::InstructionSequence オブジェクトを作成して返します。

...
RubyVM::InstructionSequence
オブジェクトを作成して返します。

@param body Proc、Method オブジェクトを指定します。

例1:irb で実行した場合

# proc
> p = proc { num = 1 + 2 }
> RubyVM::InstructionSequence.of(p)
> # => <RubyVM::InstructionSequence:block...
...in irb_binding@(irb)>

# method
> def foo(bar); puts bar; end
> RubyVM::InstructionSequence.of(method(:foo))
> # => <RubyVM::InstructionSequence:foo@(irb)>

例2: RubyVM::InstructionSequence.compile_file を使用した場合

# /tmp/iseq_of.rb
def hello
puts "hello, world"
end...
...rb
> require '/tmp/iseq_of.rb'

# hello メソッド
> RubyVM::InstructionSequence.of(method(:hello))
> # => #<RubyVM::InstructionSequence:0x007fb73d7cb1d0>

# グローバル proc
> RubyVM::InstructionSequence.of($a_global_proc)
> # => #<RubyVM::InstructionSequence:0x007fb73d7caf78>...
...irb
> require '/tmp/iseq_of.rb'

# hello メソッド
> RubyVM::InstructionSequence.of(method(:hello))
> # => #<RubyVM::InstructionSequence:0x007fb73d7cb1d0>

# グローバル proc
> RubyVM::InstructionSequence.of($a_global_proc)
> # => #<RubyVM::InstructionSequence:0x007fb73d7caf78>...

絞り込み条件を変える