るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
30件ヒット [1-30件を表示] (0.016秒)
トップページ > クラス:Regexp[x] > クエリ:last_match[x]

別のキーワード

  1. _builtin last
  2. regexp last_match
  3. range last
  4. _builtin last_match
  5. array last

ライブラリ

キーワード

検索結果

Regexp.last_match(nth) -> String | nil (18174.0)

整数 nth が 0 の場合、マッチした文字列を返します ($&)。それ以外では、nth 番目の括弧にマッチ した部分文字列を返します($1,$2,...)。 対応する括弧がない場合やマッチしなかった場合には nil を返し ます。

..."ab"
p Regexp.last_match # => #<MatchData:0x4599e58>
p Regexp.last_match(0) # => "ab"
p Regexp.last_match(1) # => "a"
p Regexp.last_match(2) # => "b"
p Regexp.last_match(3) # => nil

正規表現全体がマッチしなかった場合、引数なしの
Regexp
.last_match はnil...
...を返すため、
last_match
[1] の形式では例外 NoMethodError が発生します。
対して、last_match(1) は nil を返します。

str = "This is Regexp"
/That is Regexp/ =~ str
p Regexp.last_match #=> nil
begin
p Regexp.last_match[1] # 例外が発生する
rescue...
...puts $! #=> undefined method `[]' for nil:NilClass
end
p Regexp.last_match(1) #=> nil

@param nth 整数を指定します。
整数 nth が 0 の場合、マッチした文字列を返します。それ以外では、nth 番目の括弧にマッチした部分文字列を返します。...

Regexp.last_match -> MatchData (18144.0)

カレントスコープで最後に行った正規表現マッチの MatchData オ ブジェクトを返します。このメソッドの呼び出しは $~ の参照と同じです。

...ます。このメソッドの呼び出しは $~
の参照と同じです。

/(.)(.)/ =~ "ab"
p Regexp.last_match # => #<MatchData:0x4599e58>
p Regexp.last_match[0] # => "ab"
p Regexp.last_match[1] # => "a"
p Regexp.last_match[2] # => "b"
p Regexp.last_match[3] # => nil...

Regexp#=~(string) -> Fixnum | nil (13.0)

文字列 string との正規表現マッチを行います。マッチした場合、 マッチした位置のインデックスを返します(先頭は0)。マッチしなかった 場合、あるいは string が nil の場合には nil を返 します。

...nil を返
します。

p /foo/ =~ "foo" #=> 0
p /foo/ =~ "afoo" #=> 1
p /foo/ =~ "bar" #=> nil

組み込み変数 $~ もしくは Regexp.last_match にマッチに関する情報 MatchData が設定されます。

文字列のかわりにSymbolをマッチさせることができます...
...nil でも String オブジェクト
でも Symbol でもない場合発生します。

p /foo/ =~ "foo" #=> 0
p Regexp.last_match(0) #=> "foo"
p /foo/ =~ "afoo" #=> 1
p $~[0] #=> "foo"
p /foo/ =~ "bar" #=> nil

unless /foo/ === "bar...

Regexp.compile(string, option = nil, code = nil) -> Regexp (7.0)

文字列 string をコンパイルして正規表現オブジェクトを生成して返します。

...@param option Regexp::IGNORECASE, Regexp::MULTILINE,
Regexp
::EXTENDED
の論理和を指定します。
Fixnum 以外であれば真偽値の指定として見なされ
、真(nil, false 以外)であれば
Regexp
::IGNORECASE...
... RegexpError 正規表現のコンパイルに失敗した場合発生します。

str = "This is Regexp"
t1 = Regexp.compile("this is regexp", Regexp::IGNORECASE)
t1.match(str)
puts $~ #=> This is Regexp

t2 = Regexp.compile('
this # ここは使用されない
\ is
\ regexp...
...# ここも使用されない
', Regexp::EXTENDED | Regexp::IGNORECASE)
t2.match(str)
puts Regexp.last_match #=> This is Regexp

str = "ふるいけや\nかわずとびこむ\nみずのおと"
t2 = Regexp.compile("ふる.*?と", Regexp::MULTILINE)
puts t2.match(str)[0] #=> ふる...

Regexp.new(string, option = nil, code = nil) -> Regexp (7.0)

文字列 string をコンパイルして正規表現オブジェクトを生成して返します。

...@param option Regexp::IGNORECASE, Regexp::MULTILINE,
Regexp
::EXTENDED
の論理和を指定します。
Fixnum 以外であれば真偽値の指定として見なされ
、真(nil, false 以外)であれば
Regexp
::IGNORECASE...
... RegexpError 正規表現のコンパイルに失敗した場合発生します。

str = "This is Regexp"
t1 = Regexp.compile("this is regexp", Regexp::IGNORECASE)
t1.match(str)
puts $~ #=> This is Regexp

t2 = Regexp.compile('
this # ここは使用されない
\ is
\ regexp...
...# ここも使用されない
', Regexp::EXTENDED | Regexp::IGNORECASE)
t2.match(str)
puts Regexp.last_match #=> This is Regexp

str = "ふるいけや\nかわずとびこむ\nみずのおと"
t2 = Regexp.compile("ふる.*?と", Regexp::MULTILINE)
puts t2.match(str)[0] #=> ふる...

絞り込み条件を変える