るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
18件ヒット [1-18件を表示] (0.029秒)
トップページ > クラス:Rational[x] > クエリ:to_s[x]

別のキーワード

  1. _builtin to_s
  2. openssl to_der
  3. openssl to_s
  4. openssl to_pem
  5. _builtin to_a

ライブラリ

キーワード

検索結果

Rational#to_s -> String (18126.0)

自身を人間が読みやすい形の文字列表現にして返します。

...

"3/5", "-17/7" のように10進数の表記を返します。

@return 有理数の表記にした文字列を返します。

例:

Rational
(3, 4).to_s # => "3/4"
Rational
(8).to_s # => "8"
Rational
(-8, 6).to_s # => "-4/3"
Rational
(0.5).to_s # => "1/2"

@see Rational#inspect...

Rational#to_d(nFig = 0) -> BigDecimal (13.0)

自身を BigDecimal に変換します。

...

@return BigDecimal に変換したオブジェクト

@raise ArgumentError nFig に負の数を指定した場合に発生します。

例:

require "bigdecimal"
require "bigdecimal/util"
Rational
(1, 3).to_d(3).to_s # => "0.333E0"
Rational
(1, 3).to_d(10).to_s # => "0.3333333333E0"...

Rational#to_d(nFig) -> BigDecimal (13.0)

自身を BigDecimal に変換します。

...

@return BigDecimal に変換したオブジェクト

@raise ArgumentError nFig に 0 以下を指定した場合に発生します。

例:

require "bigdecimal"
require "bigdecimal/util"
Rational
(1, 3).to_d(3).to_s # => "0.333E0"
Rational
(1, 3).to_d(10).to_s # => "0.3333333333E0"...

Rational#inspect -> String (7.0)

自身を人間が読みやすい形の文字列表現にして返します。

...)" のように10進数の表記を返します。

@return 有理数の表記にした文字列を返します。

例:

Rational
(5, 8).inspect # => "(5/8)"
Rational
(2).inspect # => "(2/1)"
Rational
(-8, 6).inspect # => "(-4/3)"
Rational
(0.5).inspect # => "(1/2)"

@see Rational#to_s...
..." のように10進数の表記を返します。

@return 有理数の表記にした文字列を返します。

例:

Rational
(5, 8).inspect # => "(5/8)"
Rational
(2).inspect # => "(2/1)"
Rational
(-8, 6).inspect # => "(-4/3)"
Rational
(0.5).inspect # => "(1/2)"

@see Rational#to_s...