るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
104件ヒット [1-100件を表示] (0.110秒)
トップページ > クラス:Rational[x] > クエリ:/[x]

別のキーワード

  1. rexml/document new
  2. rexml/document write
  3. json/add/core to_json
  4. json/add/core json_create
  5. rexml/document to_s

ライブラリ

キーワード

検索結果

<< 1 2 > >>

Rational#/(other) -> Rational | Float (18149.0)

商を計算します。

...
ただし 0 以外の整数に等しい場合は Rational で返します。

例:

r = Rational(3, 4)
r / 2 # => (3/8)
r / 2.0 # => (3/8)
r / 0.5 # => 1.5
r / Rational(1, 2) # => (3/2)
r / 0 # => ZeroDivisionError

@raise Zer...

Rational#quo(other) -> Rational | Float (3049.0)

商を計算します。

...
ただし 0 以外の整数に等しい場合は Rational で返します。

例:

r = Rational(3, 4)
r / 2 # => (3/8)
r / 2.0 # => (3/8)
r / 0.5 # => 1.5
r / Rational(1, 2) # => (3/2)
r / 0 # => ZeroDivisionError

@raise Zer...

Rational#inspect -> String (37.0)

自身を人間が読みやすい形の文字列表現にして返します。

..."(3/5)", "(-17/7)" のように10進数の表記を返します。

@return 有理数の表記にした文字列を返します。

例:

Rational
(5, 8).inspect # => "(5/8)"
Rational
(2).inspect # => "(2/1)"
Rational
(-8, 6).inspect # => "(-4/3)"
Rational
(0.5).inspect # => "(1/2)"

@s...

Rational#to_s -> String (31.0)

自身を人間が読みやすい形の文字列表現にして返します。

...す。

"3/5", "-17/7" のように10進数の表記を返します。

@return 有理数の表記にした文字列を返します。

例:

Rational
(3, 4).to_s # => "3/4"
Rational
(8).to_s # => "8"
Rational
(-8, 6).to_s # => "-4/3"
Rational
(0.5).to_s # => "1/2"

@see Rational#inspect...

Rational#*(other) -> Rational | Float (19.0)

積を計算します。

...します。

@param other 自身に掛ける数

other に Float を指定した場合は、計算結果を Float で返しま
す。

例:

r = Rational(3, 4)
r * 2 # => (3/2)
r * 4 # => (3/1)
r * 0.5 # => 0.375
r * Rational(1, 2) # => (3/8)...

絞り込み条件を変える

Rational#==(other) -> bool (19.0)

数値として等しいか判定します。

...そうでなければ false を返します。

例:

Rational
(2, 3) == Rational(2, 3) # => true
Rational
(5) == 5 # => true
Rational
(0) == 0.0 # => true
Rational
('1/3') == 0.33 # => false
Rational
('1/2') == '1/2' # => false...

Rational#rationalize(eps = 0) -> Rational (19.0)

自身から eps で指定した許容誤差の範囲に収まるような Rational を返 します。

...うな Rational を返
します。

eps を省略した場合は self を返します。

@param eps 許容する誤差

例:

r = Rational(5033165, 16777216)
r.rationalize # => (5033165/16777216)
r.rationalize(Rational(0.01)) # => (3/10)
r.rationalize(Rational(0.1))...
...# => (1/3)...

Rational#**(other) -> Rational | Float (13.0)

冪(べき)乗を計算します。

...計算結果が無理数だった場合は Float
を返します。

例:

r = Rational(3, 4)
r ** Rational(2, 1) # => (9/16)
r ** 2 # => (9/16)
r ** 2.0 # => 0.5625
r ** Rational(1, 2) # => 0.866025403784439

注意:

1.8 系とは計算結果のオブジェク...
...トが異なる場合がある事に注意してください。
other に Rational を指定した場合には戻り値は必ず Float を返
していました。

# 1.8.7 の場合
r = Rational(3, 4)
r ** Rational(2, 1) # => 0.5625...

Rational#+(other) -> Rational | Float (13.0)

和を計算します。

...足す数

other に Float を指定した場合は、計算結果を Float で返しま
す。

例:

r = Rational(3, 4)
r + Rational(1, 2) # => (5/4)
r + 1 # => (7/4)
r + 0.5 # => 1.25...

Rational#abs -> Rational (13.0)

自身の絶対値を返します。

...自身の絶対値を返します。

例:

Rational
(1, 2).abs # => (1/2)
Rational
(-1, 2).abs # => (1/2)...

絞り込み条件を変える

Rational#coerce(other) -> Array (13.0)

自身と other が同じクラスになるよう、自身か other を変換し [other, self] という 配列にして返します。

...[other, self] という
配列にして返します。

@param other 比較または変換するオブジェクト

例:

Rational
(1).coerce(2) # => [(2/1), (1/1)]
Rational
(1).coerce(2.2) # => [2.2, 1.0]...

Rational#magnitude -> Rational (13.0)

自身の絶対値を返します。

...自身の絶対値を返します。

例:

Rational
(1, 2).abs # => (1/2)
Rational
(-1, 2).abs # => (1/2)...

Rational#-(other) -> Rational | Float (7.0)

差を計算します。

...other 自身から引く数

other に Float を指定した場合は、計算結果を Float で返しま
す。

例:

r = Rational(3, 4)
r - 1 # => (-1/4)
r - 0.5 # => 0.25...

Rational#ceil(precision = 0) -> Integer | Rational (7.0)

自身と等しいかより大きな整数のうち最小のものを返します。

...例:

Rational
(3).ceil # => 3
Rational
(2, 3).ceil # => 1
Rational
(-3, 2).ceil # => -1

precision を指定した場合は指定した桁数の数値と、上述の性質に最も近い整
数か Rational を返します。

例:

Rational
('-123.456').ceil(+1) # => (-617/5)...
...Rational('-123.456').ceil(+1).to_f # => -123.4
Rational
('-123.456').ceil(0) # => -123
Rational
('-123.456').ceil(-1) # => -120

@see Rational#floor, Rational#round, Rational#truncate...

Rational#floor(precision = 0) -> Integer | Rational (7.0)

自身と等しいかより小さな整数のうち最大のものを返します。

...

例:

Rational
(3).floor # => 3
Rational
(2, 3).floor # => 0
Rational
(-3, 2).floor # => -2

Rational
#to_i とは違う結果を返す事に注意してください。

例:

Rational
(+7, 4).to_i # => 1
Rational
(+7, 4).floor # => 1
Rational
(-7, 4).to_i # => -1
Rational
(-7, 4)....
...数か Rational を返します。

例:

Rational
('-123.456').floor(+1) # => (-247/2)
Rational
('-123.456').floor(+1).to_f # => -123.5
Rational
('-123.456').floor(0) # => -124
Rational
('-123.456').floor(-1) # => -130

@see Rational#ceil, Rational#round, Rational#truncate...

絞り込み条件を変える

Rational#round(precision = 0) -> Integer | Rational (7.0)

自身ともっとも近い整数を返します。

...例:

Rational
(3).round # => 3
Rational
(2, 3).round # => 1
Rational
(-3, 2).round # => -2

precision を指定した場合は指定した桁数の数値と、上述の性質に最も近い整
数か Rational を返します。

例:

Rational
('-123.456').round(+1) # => (-247/2)...
...Rational('-123.456').round(+1).to_f # => -123.5
Rational
('-123.456').round(0) # => -123
Rational
('-123.456').round(-1) # => -120
Rational
('-123.456').round(-2) # => -100

@see Rational#ceil, Rational#floor, Rational#truncate...

Rational#to_d(nFig = 0) -> BigDecimal (7.0)

自身を BigDecimal に変換します。

...

@return BigDecimal に変換したオブジェクト

@raise ArgumentError nFig に負の数を指定した場合に発生します。

例:

require "bigdecimal"
require "bigdecimal/util"
Rational
(1, 3).to_d(3).to_s # => "0.333E0"
Rational
(1, 3).to_d(10).to_s # => "0.3333333333E0"...

Rational#to_d(nFig) -> BigDecimal (7.0)

自身を BigDecimal に変換します。

...

@return BigDecimal に変換したオブジェクト

@raise ArgumentError nFig に 0 以下を指定した場合に発生します。

例:

require "bigdecimal"
require "bigdecimal/util"
Rational
(1, 3).to_d(3).to_s # => "0.333E0"
Rational
(1, 3).to_d(10).to_s # => "0.3333333333E0"...

Rational#to_i -> Integer (7.0)

小数点以下を切り捨てて値を整数に変換します。

...例:

Rational
(2, 3).to_i # => 0
Rational
(3).to_i # => 3
Rational
(300.6).to_i # => 300
Rational
(98, 71).to_i # => 1
Rational
(-30, 2).to_i # => -15

precision を指定した場合は指定した桁数で切り捨てた整数か
Rational
を返します。

例:

Rational
('-123....
...456').truncate(+1) # => (-617/5)
Rational
('-123.456').truncate(+1).to_f # => -123.4
Rational
('-123.456').truncate(0) # => -123
Rational
('-123.456').truncate(-1) # => -120

@see Rational#ceil, Rational#floor...

Rational#truncate(precision = 0) -> Rational | Integer (7.0)

小数点以下を切り捨てて値を整数に変換します。

...例:

Rational
(2, 3).to_i # => 0
Rational
(3).to_i # => 3
Rational
(300.6).to_i # => 300
Rational
(98, 71).to_i # => 1
Rational
(-30, 2).to_i # => -15

precision を指定した場合は指定した桁数で切り捨てた整数か
Rational
を返します。

例:

Rational
('-123....
...456').truncate(+1) # => (-617/5)
Rational
('-123.456').truncate(+1).to_f # => -123.4
Rational
('-123.456').truncate(0) # => -123
Rational
('-123.456').truncate(-1) # => -120

@see Rational#ceil, Rational#floor...

絞り込み条件を変える

<< 1 2 > >>