るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
18件ヒット [1-18件を表示] (0.017秒)
トップページ > クラス:Range[x] > クエリ:to_s[x]

別のキーワード

  1. _builtin to_s
  2. openssl to_der
  3. openssl to_s
  4. openssl to_pem
  5. _builtin to_a

ライブラリ

キーワード

検索結果

Range#to_s -> String (18130.0)

self を文字列に変換します(始点と終点のオブジェクトは #to_s メソッドで文 字列に変換されます)。

...self を文字列に変換します(始点と終点のオブジェクトは #to_s メソッドで文
字列に変換されます)。

@see Range#inspect

例:
(1..5).to_s # => "1..5"
("1".."5").to_s # => "1..5"...

Range.new(first, last, exclude_end = false) -> Range (13.0)

first から last までの範囲オブジェクトを生成して返しま す。

...発生します

例: 整数の範囲オブジェクトの場合

Range
.new(1, 10) # => 1..10
Range
.new(1, 10, true) # => 1...10

例: 日付オブジェクトの範囲オブジェクトの場合

require 'date'
Range
.new(Date.today, Date.today >> 1).each {|d| puts d }
# => 2017-09...
...-16
2017-09-17
...
2017-10-16

例: IPアドレスの範囲オブジェクトの場合

require 'ipaddr'
Range
.new(IPAddr.new("192.0.2.1"), IPAddr.new("192.0.2.3")).each {|ip| puts ip}
# => 192.0.2.1
192.0.2.2
192.0.2.3

例: 自作のオブジェクトの...
...場合

MyInteger = Struct.new(:value) do
def succ
self.class.new(value + 1)
end

def <=>(other)
value <=> other.value
end

def to_s
value.to_s
end
end
Range
.new(MyInteger.new(1), MyInteger.new(3)).each {|i| puts i }
# => 1
2
3...

Range#inspect -> String (7.0)

self を文字列に変換します(始点と終点のオブジェクトは #inspect メソッド で文字列に変換されます)。

...self を文字列に変換します(始点と終点のオブジェクトは #inspect メソッド
で文字列に変換されます)。

@see Range#to_s

例:
(1..5).inspect # => "1..5"
("1".."5").inspect # => "\"1\"..\"5\""...