るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
49件ヒット [1-49件を表示] (0.014秒)
トップページ > クラス:Range[x] > クエリ:end[x]

別のキーワード

  1. _builtin end
  2. ripper end_seen?
  3. zlib end
  4. range end
  5. zstream end

ライブラリ

キーワード

検索結果

Range#end -> object (18103.0)

終端の要素を返します。範囲オブジェクトが終端を含むかどうかは関係ありま せん。

終端の要素を返します。範囲オブジェクトが終端を含むかどうかは関係ありま
せん。

(10..20).last # => 20
(10...20).last # => 20

Range#exclude_end? -> bool (6102.0)

範囲オブジェクトが終端を含まないとき真を返します。

範囲オブジェクトが終端を含まないとき真を返します。

Range#last(n) -> [object] (3008.0)

最後の n 要素を返します。範囲内に要素が含まれない場合は空の配列を返します。

...n に負の数を指定した場合に発生します。

[注意] 引数を省略して実行した場合は、終端を含むかどうか
(Range#exclude_end? の戻り値)に関わらず終端の要素を返す事に注意し
てください。

(10..20).last(3) # => [18, 19, 20]
(10...20)....

Range#last -> object (3003.0)

終端の要素を返します。範囲オブジェクトが終端を含むかどうかは関係ありま せん。

終端の要素を返します。範囲オブジェクトが終端を含むかどうかは関係ありま
せん。

(10..20).last # => 20
(10...20).last # => 20

Range.new(first, last, exclude_end = false) -> Range (120.0)

first から last までの範囲オブジェクトを生成して返しま す。

...て返しま
す。

exclude_end が真ならば終端を含まない範囲オブジェクトを生
成します。exclude_end 省略時には終端を含みます。

@param first 最初のオブジェクト
@param last 最後のオブジェクト
@param exclude_end 真をセットした場合終...

絞り込み条件を変える

Range#==(other) -> bool (17.0)

指定された other が Range クラスのインスタンスであり、 始点と終点が == メソッドで比較して等しく、Range#exclude_end? が同じ場合に true を返します。そうでない場合に false を返します。

...指定された other が Range クラスのインスタンスであり、
始点と終点が == メソッドで比較して等しく、Range#exclude_end? が同じ場合に
true を返します。そうでない場合に false を返します。

@param other 自身と比較したいオブジェ...
...クトを指定します。

p (1..2) == (1..2) #=> true
p (1..2) == (1...2) #=> false
p (1..2) == Range.new(1.0, 2.0) #=> true...

Range#eql?(other) -> bool (17.0)

指定された other が Range クラスのインスタンスであり、 始点と終点が eql? メソッドで比較して等しく、Range#exclude_end? が同じ場合に true を返します。そうでない場合に false を返します。

...指定された other が Range クラスのインスタンスであり、
始点と終点が eql? メソッドで比較して等しく、Range#exclude_end? が同じ場合に
true を返します。そうでない場合に false を返します。

@param other 自身と比較したいオブジェ...
...クトを指定します。

p (1..2).eql?(1..2) #=> true
p (1..2).eql?(1...2) #=> false
p (1..2).eql?(Range.new(1.0, 2.0)) #=> false...

Range#hash -> Integer (17.0)

始点と終点のハッシュ値と Range#exclude_end? の値からハッシュ値を計算して整数として返します。

...始点と終点のハッシュ値と Range#exclude_end? の値からハッシュ値を計算して整数として返します。

p (1..2).hash #=> 5646
p (1...2).hash #=> 16782863...

Range#to_yaml(opts = {}) -> String (7.0)

自身を YAML ドキュメントに変換します。

...に変換します。

@param opts YAML ドキュメント出力の際のオプションを指定します。
オプションの詳細は Syck::Emitter#reset を参照し
てください。

print (1..10).to_yaml
# => --- !ruby/range
begin: 1
end
: 10
excl: false...