るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
19件ヒット [1-19件を表示] (0.012秒)
トップページ > クラス:Range[x] > クエリ:begin[x]

別のキーワード

  1. _builtin begin
  2. range begin
  3. matchdata begin
  4. begin _builtin
  5. begin range

ライブラリ

キーワード

検索結果

Range#begin -> object (18114.0)

始端の要素を返します。範囲オブジェクトが始端を含むかどうかは関係ありま せん。

...始端の要素を返します。範囲オブジェクトが始端を含むかどうかは関係ありま
せん。

p (1..5).begin # => 1
p (1..0).begin # => 1...

Range#first -> object (3014.0)

始端の要素を返します。範囲オブジェクトが始端を含むかどうかは関係ありま せん。

...始端の要素を返します。範囲オブジェクトが始端を含むかどうかは関係ありま
せん。

p (1..5).begin # => 1
p (1..0).begin # => 1...

Range#first(n) -> [object] (3004.0)

最初の n 要素を返します。範囲内に要素が含まれない場合は空の配列を返します。

最初の n 要素を返します。範囲内に要素が含まれない場合は空の配列を返します。

@param n 取得する要素数を整数で指定します。整数以外のオブジェクトを指定
した場合は to_int メソッドによる暗黙の型変換を試みます。

@raise TypeError 引数に整数以外の(暗黙の型変換が行えない)オブジェクトを
指定した場合に発生します。

@raise ArgumentError n に負の数を指定した場合に発生します。

@see 12697

Range#to_yaml(opts = {}) -> String (7.0)

自身を YAML ドキュメントに変換します。

...に変換します。

@param opts YAML ドキュメント出力の際のオプションを指定します。
オプションの詳細は Syck::Emitter#reset を参照し
てください。

print (1..10).to_yaml
# => --- !ruby/range
begin
: 1
end: 10
excl: false...