るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
17件ヒット [1-17件を表示] (0.006秒)
トップページ > クラス:Range[x] > クエリ:===[x]

別のキーワード

  1. _builtin ===
  2. date ===
  3. ipaddr ===
  4. pathname ===
  5. bigdecimal ===

ライブラリ

キーワード

検索結果

Range#===(obj) -> bool (18101.0)

obj が範囲内に含まれている時に真を返します。

...obj が範囲内に含まれている時に真を返します。

Range
#=== は主に case 式での比較に用いられます。

<=> メソッドによる演算により範囲内かどうかを判定するには Range#cover? を使用してください。

@param obj 比較対象のオブジェ...
...クトを指定します。

例:

p (0.1 .. 0.2).member?(0.15) # => true

# 文字列の場合、include? は辞書順の比較になる
p ("a" .. "c").include?("ba") # => false
p ("a" .. "c").member?("ba") # => false

@see d:spec/control#case
@see Range#cover?...
...る時に真を返します。

Range
#=== は主に case 式での比較に用いられます。

Range
#include? と異なり <=> メソッドによる演算により範囲内かどうかを判定します。
Range
#include? は原則として離散値を扱い、
Range
#cover? は連続値を扱い...
...ます。
(数値については、例外として Range#include? も連続的に扱います。)

@param obj 比較対象のオブジェクトを指定します。

例:

# 数値は連続的に扱われているため、 include? / cover? が同じ結果を返す
(1.1..2.3).include?(1.0)...
...Time.new(2014,1,5)).include?(Time.new(2014,1,4,10,10,10)) # => true
(Date.new(2014,1,3)..Date.new(2014,1,5)).cover?(Date.new(2014,1,5)) # => true
(Time.new(2014,1,3)..Time.new(2014,1,5)).cover?(Time.new(2014,1,4,10,10,10)) # => true

@see d:spec/control#case
@see Range#include?...

Range#cover?(obj) -> bool (3001.0)

obj が範囲内に含まれている時に真を返します。

...る時に真を返します。

Range
#=== は主に case 式での比較に用いられます。

Range
#include? と異なり <=> メソッドによる演算により範囲内かどうかを判定します。
Range
#include? は原則として離散値を扱い、
Range
#cover? は連続値を扱い...
...ます。
(数値については、例外として Range#include? も連続的に扱います。)

@param obj 比較対象のオブジェクトを指定します。

例:

# 数値は連続的に扱われているため、 include? / cover? が同じ結果を返す
(1.1..2.3).include?(1.0)...
...Time.new(2014,1,5)).include?(Time.new(2014,1,4,10,10,10)) # => true
(Date.new(2014,1,3)..Date.new(2014,1,5)).cover?(Date.new(2014,1,5)) # => true
(Time.new(2014,1,3)..Time.new(2014,1,5)).cover?(Time.new(2014,1,4,10,10,10)) # => true

@see d:spec/control#case
@see Range#include?...

Range#include?(obj) -> bool (3001.0)

obj が範囲内に含まれている時に真を返します。

...obj が範囲内に含まれている時に真を返します。

Range
#=== は主に case 式での比較に用いられます。

<=> メソッドによる演算により範囲内かどうかを判定するには Range#cover? を使用してください。

@param obj 比較対象のオブジェ...
...クトを指定します。

例:

p (0.1 .. 0.2).member?(0.15) # => true

# 文字列の場合、include? は辞書順の比較になる
p ("a" .. "c").include?("ba") # => false
p ("a" .. "c").member?("ba") # => false

@see d:spec/control#case
@see Range#cover?...

Range#member?(obj) -> bool (3001.0)

obj が範囲内に含まれている時に真を返します。

...obj が範囲内に含まれている時に真を返します。

Range
#=== は主に case 式での比較に用いられます。

<=> メソッドによる演算により範囲内かどうかを判定するには Range#cover? を使用してください。

@param obj 比較対象のオブジェ...
...クトを指定します。

例:

p (0.1 .. 0.2).member?(0.15) # => true

# 文字列の場合、include? は辞書順の比較になる
p ("a" .. "c").include?("ba") # => false
p ("a" .. "c").member?("ba") # => false

@see d:spec/control#case
@see Range#cover?...