るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
21件ヒット [1-21件を表示] (0.025秒)
トップページ > クラス:Proc[x] > クエリ:to_proc[x]

別のキーワード

  1. _builtin to_s
  2. openssl to_der
  3. openssl to_s
  4. openssl to_pem
  5. _builtin to_a

ライブラリ

キーワード

検索結果

Proc#to_proc -> self (18108.0)

self を返します。

...self を返します。

例:
pr = proc {}
p pr == pr.to_proc # => true...

Proc#lambda? -> bool (25.0)

手続きオブジェクトの引数の取扱が厳密であるならば true を返します。

...
例:
# lambda で生成した Proc オブジェクトでは true
lambda{}.lambda? # => true
# proc で生成した Proc オブジェクトでは false
proc
{}.lambda? # => false
# Proc.new で生成した Proc オブジェクトでは false
Proc
.new{}.lambda? # => false

# 以...
...ambda?が偽である場合
# 余分な引数を無視する
proc
{|a,b| [a,b]}.call(1,2,3) # => [1,2]
# 足りない引数には nil が渡される
proc
{|a,b| [a,b]}.call(1) # => [1, nil]
# 配列1つだと展開される
proc
{|a,b| [a,b]}.call([1,2]) # => [1,2]
# lambdaの場合こ...
...=> true

lambda(&proc {}).lambda? #=> false
proc
(&proc {}).lambda? #=> false
Proc
.new(&proc {}).lambda? #=> false

n(&lambda {}) #=> true
n(&proc {}) #=> false
n(&Proc.new {}) #=> false

# Method#to_proc によるものは...

Proc#source_location -> [String, Integer] | nil (7.0)

ソースコードのファイル名と行番号を配列で返します。

...


例:
# /path/to/target.rb を実行
proc
{}.source_location # => ["/path/to/target.rb", 1]
proc
{}.source_location # => ["/path/to/target.rb", 2]
(eval "proc {}").source_location # => ["(eval)", 1]
method(:p).to_proc.source_location # => nil

@see Method#sourc...