るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
31件ヒット [1-31件を表示] (0.022秒)
トップページ > クラス:Object[x] > クエリ:to_s[x]

別のキーワード

  1. _builtin to_s
  2. openssl to_der
  3. openssl to_s
  4. openssl to_pem
  5. _builtin to_a

ライブラリ

キーワード

検索結果

Object#to_s -> String (18108.0)

オブジェクトの文字列表現を返します。

...て文字列に変換し
ます。

class Foo
def initialize num
@num = num
end
end
it = Foo.new(40)

puts it #=> #<Foo:0x2b69110>

class Foo
def to_s
"Class:Foo Number:#{@num}"
end
end

puts it #=> Class:Foo Number:40

@see Object#to_str,Kernel.#String...

Object#to_str -> String (6107.0)

オブジェクトの String への暗黙の変換が必要なときに内部で呼ばれます。 デフォルトでは定義されていません。

...
デフォルトでは定義されていません。

説明のためここに記載してありますが、
このメソッドは実際には Object クラスには定義されていません。
必要に応じてサブクラスで定義すべきものです。

このメソッドを定義する...
...ての場面で代置可能であるような、
* 文字列そのものとみなせるようなもの
という厳しいものになっています。

class Foo
def to_str
'Edition'
end
end

it = Foo.new
p('Second' + it) #=> "SecondEdition"

@see Object#to_s,Kernel.#String...

Object#define_singleton_method(symbol) { ... } -> Symbol (7.0)

self に特異メソッド name を定義します。

...スタンスを指定します。

@return メソッド名を表す Symbol を返します。

class A
class << self
def class_name
to_s

end
end
end
A.define_singleton_method(:who_am_i) do
"I am: #{class_name}"
end
A.who_am_i # ==> "I am: A"

guy = "Bob"...

Object#define_singleton_method(symbol, method) -> Symbol (7.0)

self に特異メソッド name を定義します。

...スタンスを指定します。

@return メソッド名を表す Symbol を返します。

class A
class << self
def class_name
to_s

end
end
end
A.define_singleton_method(:who_am_i) do
"I am: #{class_name}"
end
A.who_am_i # ==> "I am: A"

guy = "Bob"...

Object#tap {|x| ... } -> self (7.0)

self を引数としてブロックを評価し、self を返します。

....tap {|x| puts "array: #{x}" }
.select {|x| x.even? } .tap {|x| puts "evens: #{x}" }
.map {|x| x*x } .tap {|x| puts "squares: #{x}" }


//emlist[例][ruby]{
"my string".yield_self {|s| s.upcase } # => "MY STRING"
3.next.yield_self {|x| x**x }.to_s # => "256"...

絞り込み条件を変える

Object#then {|x| ... } -> object (7.0)

self を引数としてブロックを評価し、ブロックの結果を返します。

...評価し、ブロックの結果を返します。

//emlist[例][ruby]{
3.next.then {|x| x**x }.to_s # => "256"
"my string".yield_self {|s| s.upcase } # => "MY STRING"
//}

@see Object#tap...

Object#yield_self {|x| ... } -> object (7.0)

self を引数としてブロックを評価し、ブロックの結果を返します。

...を返します。

//emlist[例][ruby]{
"my string".yield_self {|s| s.upcase } # => "MY STRING"
3.next.yield_self {|x| x**x }.to_s # => "256"
//}

@see Object#tap...
...評価し、ブロックの結果を返します。

//emlist[例][ruby]{
3.next.then {|x| x**x }.to_s # => "256"
"my string".yield_self {|s| s.upcase } # => "MY STRING"
//}

@see Object#tap...