るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
96件ヒット [1-96件を表示] (0.039秒)
トップページ > クラス:Object[x] > クエリ:Kernel.#p[x]

別のキーワード

  1. kernel open
  2. kernel exec
  3. kernel spawn
  4. kernel system
  5. kernel fail

ライブラリ

キーワード

検索結果

Object#pretty_print(pp) -> () (12217.0)

PP.pp や Kernel.#pp がオブジェクトの内容を出力するときに 呼ばれるメソッドです。PP オブジェクト pp を引数として呼ばれます。

...
P
P.pp Kernel.#pp がオブジェクトの内容を出力するときに
呼ばれるメソッドです。PP オブジェクト pp を引数として呼ばれます。

あるクラスの pp の出力をカスタマイズしたい場合は、このメソッドを再定義します。
そのと...
... pretty_print メソッドは指定された pp に対して表示したい自身の内容を追加して
いかなければいけません。いくつかの組み込みクラスについて、
p
p ライブラリはあらかじめ pretty_print メソッドを定義しています。

@param pp PP...
...オブジェクトです。

例:

require 'pp'
class Array
def pretty_print(q)
q.group(1, '[', ']') {
q.seplist(self) {|v|
q.pp v
}
}
end
end

@see Object#pretty_print_cycle, Object#inspect, PrettyPrint#text, PrettyPrint#group, PrettyPrint#breakable...

Object#inspect -> String (6137.0)

オブジェクトを人間が読める形式に変換した文字列を返します。

...ます。

組み込み関数 Kernel.#p は、このメソッドの結果を使用して
オブジェクトを表示します。

[ 1, 2, 3..4, 'five' ].inspect # => "[1, 2, 3..4, \"five\"]"
Time.new.inspect # => "2008-03-08 19:43:39 +0900"

inspect メソッドをオーバー...
...
変数の名前、値の組を元にした文字列を返します。

class Foo
end
Foo.new.inspect # => "#<Foo:0x0300c868>"

class Bar
def initialize
@bar = 1
end
end
Bar.new.inspect # => "#<Bar:0x0300c868 @bar=1>"


@see Kernel.#p...

Object::SCRIPT_LINES__ -> Hash (6107.0)

ソースファイル別にまとめられたソースコードの各行。

... Kernel.#eval によるコンパイルは対象にはなりません。


例:
require 'pp'
SCRIPT_LINES__ = {}
require 'English'
p
p SCRIPT_LINES__

# => {"/usr/local/lib/ruby/1.6/English.rb"=>
# ["alias $ERROR_INFO $!\n",
# "alias $ERROR_POSITION...
...$@\n",
# "alias $LOADED_FEATURES $\"\n",
# :
# :
# "alias $POSTMATCH $'\n",
# "alias $LAST_PAREN_MATCH $+\n"]}...

Object#freeze -> self (49.0)

オブジェクトを凍結(内容の変更を禁止)します。

...ル変数なら Kernel.#trace_var が使えます。

@return self を返します。

a1 = "foo".freeze
a1 = "bar"
p
a1 #=> "bar"

a2 = "foo".freeze
a2.replace("bar") # can't modify frozen String (FrozenError)

凍結を解除することはできませんが、Object#dup を使えば...
...す。

a = [1].freeze
p
a.frozen? #=> true

a[0] = "foo"
p
a # can't modify frozen Array (RuntimeError)

b = a.dup
p
b #=> [1]
p
b.frozen? #=> false

b[0] = "foo"
p
b #=> ["foo"]

@see Object#frozen?,Object#dup,Kernel.#trace_var...
...ル変数なら Kernel.#trace_var が使えます。

@return self を返します。

a1 = "foo".freeze
a1 = "bar"
p
a1 #=> "bar"

a2 = "foo".freeze
a2.replace("bar") # can't modify frozen String (RuntimeError)

凍結を解除することはできませんが、Object#dup を使えば...
...す。

a = [1].freeze
p
a.frozen? #=> true

a[0] = "foo"
p
a # can't modify frozen Array (FrozenError)

b = a.dup
p
b #=> [1]
p
b.frozen? #=> false

b[0] = "foo"
p
b #=> ["foo"]

@see Object#frozen?,Object#dup,Kernel.#trace_var...

Object#class -> Class (43.0)

レシーバのクラスを返します。

...レシーバのクラスを返します。

p
"ruby".class #=> String
p
100.class #=> Fixnum
p
ARGV.class #=> Array
p
self.class #=> Object
p
Class.class #=> Class
p
Kernel.class #=> Module

@see Class#superclass,Object#kind_of?,Object#instance_of?...
...レシーバのクラスを返します。

p
"ruby".class #=> String
p
100.class #=> Integer
p
ARGV.class #=> Array
p
self.class #=> Object
p
Class.class #=> Class
p
Kernel.class #=> Module

@see Class#superclass,Object#kind_of?,Object#instance_of?...

絞り込み条件を変える

Object#__send__(name, *args) -> object (37.0)

オブジェクトのメソッド name を args を引数に して呼び出し、メソッドの実行結果を返します。

...のメソッドを呼び出せます。
d:spec/def#limit も参照してください。

@param name 文字列かSymbol で指定するメソッド名です。
@param args 呼び出すメソッドに渡す引数です。

p
-365.send(:abs) #=> 365
p
"ruby".send(:sub,/./,"R") #=> "Ruby"


c...
...メソッドを呼び出す
# レシーバは任意(Foo クラスのインスタンスである必要もない)
p
Foo.new.send(methods[1]) # => "foo"
p
Foo.new.send(methods[2]) # => "bar"
p
Foo.new.send(methods[3]) # => "baz"

@see Object#method, Kernel.#eval, Proc, Method...

Object#__send__(name, *args) { .... } -> object (37.0)

オブジェクトのメソッド name を args を引数に して呼び出し、メソッドの実行結果を返します。

...のメソッドを呼び出せます。
d:spec/def#limit も参照してください。

@param name 文字列かSymbol で指定するメソッド名です。
@param args 呼び出すメソッドに渡す引数です。

p
-365.send(:abs) #=> 365
p
"ruby".send(:sub,/./,"R") #=> "Ruby"


c...
...メソッドを呼び出す
# レシーバは任意(Foo クラスのインスタンスである必要もない)
p
Foo.new.send(methods[1]) # => "foo"
p
Foo.new.send(methods[2]) # => "bar"
p
Foo.new.send(methods[3]) # => "baz"

@see Object#method, Kernel.#eval, Proc, Method...

Object#send(name, *args) -> object (37.0)

オブジェクトのメソッド name を args を引数に して呼び出し、メソッドの実行結果を返します。

...のメソッドを呼び出せます。
d:spec/def#limit も参照してください。

@param name 文字列かSymbol で指定するメソッド名です。
@param args 呼び出すメソッドに渡す引数です。

p
-365.send(:abs) #=> 365
p
"ruby".send(:sub,/./,"R") #=> "Ruby"


c...
...メソッドを呼び出す
# レシーバは任意(Foo クラスのインスタンスである必要もない)
p
Foo.new.send(methods[1]) # => "foo"
p
Foo.new.send(methods[2]) # => "bar"
p
Foo.new.send(methods[3]) # => "baz"

@see Object#method, Kernel.#eval, Proc, Method...

Object#send(name, *args) { .... } -> object (37.0)

オブジェクトのメソッド name を args を引数に して呼び出し、メソッドの実行結果を返します。

...のメソッドを呼び出せます。
d:spec/def#limit も参照してください。

@param name 文字列かSymbol で指定するメソッド名です。
@param args 呼び出すメソッドに渡す引数です。

p
-365.send(:abs) #=> 365
p
"ruby".send(:sub,/./,"R") #=> "Ruby"


c...
...メソッドを呼び出す
# レシーバは任意(Foo クラスのインスタンスである必要もない)
p
Foo.new.send(methods[1]) # => "foo"
p
Foo.new.send(methods[2]) # => "bar"
p
Foo.new.send(methods[3]) # => "baz"

@see Object#method, Kernel.#eval, Proc, Method...

Object#to_a -> Array (25.0)

オブジェクトを配列に変換した結果を返します。 デフォルトでは定義されていません。

...が、
このメソッドは実際には Object クラスには定義されていません。
必要に応じてサブクラスで定義すべきものです。
p
( {'a'=>1}.to_a ) # [["a", 1]]
p
['array'].to_a # ["array"]
p
nil.to_a # []

@see Object#to_ary,Kernel.#Array...

絞り込み条件を変える

Object#instance_variables -> [Symbol] (19.0)

オブジェクトのインスタンス変数名をシンボルの配列として返します。

...名をシンボルの配列として返します。

obj = Object.new
obj.instance_eval { @foo, @bar = nil }
p
obj.instance_variables

#=> [:@foo, :@bar]

@see Object#instance_variable_get, Kernel.#local_variables, Kernel.#global_variables, Module.constants, Module#constants, Module#...

Object#method(name) -> Method (19.0)

オブジェクトのメソッド name をオブジェクト化した Method オブジェクトを返します。

...ェクトを返します。

@param name メソッド名をSymbol またはStringで指定します。
@raise NameError 定義されていないメソッド名を引数として与えると発生します。

me = -365.method(:abs)
p
me #=> #<Method: Integer#abs>
p
me.call #=> 365

@see Module...
...#instance_method, Method, Object#__send__, Kernel.#eval, Object#singleton_method...

Object::DATA -> File (19.0)

スクリプトの __END__ プログラムの終り以降をアクセスする File オブジェクト。

...スクリプトの __END__
プログラムの終り以降をアクセスする File オブジェクト。

d:spec/program#terminateも参照。

ソースファイルの __END__ 以降は解析・実行の対象にならないので
その部分にプログラムが利用するためのデータを...
...
* Kernel.#require や Kernel.#load で
読み込まれたファイルの中であってもそのファイル (__FILE__, d:spec/variables#pseudo)
ではなく実行されたファイル ($0) を指します。

=== 例1
p
rint DATA.gets # => 故人西辞黄鶴楼
p
rint DATA...
....gets # => 烟花三月下揚州
p
rint DATA.gets # => 孤帆遠影碧空尽
p
rint DATA.gets # => 唯見長江天際流
DATA.gets # => nil

__END__
故人西辞黄鶴楼
烟花三月下揚州
孤帆遠影碧空尽
唯見長江天際流

=== 例2
sum = 0...

Object#to_ary -> Array (13.0)

オブジェクトの Array への暗黙の変換が必要なときに内部で呼ばれます。 デフォルトでは定義されていません。

...
デフォルトでは定義されていません。

説明のためここに記載してありますが、
このメソッドは実際には Object クラスには定義されていません。
必要に応じてサブクラスで定義すべきものです。

このメソッドを定義する...
...われるすべての場面で代置可能であるような、
* 配列そのものとみなせるようなもの
という厳しいものになっています。

class Foo
def to_ary
[3,4]
end
end

it = Foo.new
p
([1,2] + it) #=> [1, 2, 3, 4]

@see Object#to_a,Kernel.#Array...

Object#to_int -> Integer (13.0)

オブジェクトの Integer への暗黙の変換が必要なときに内部で呼ばれます。 デフォルトでは定義されていません。

...
デフォルトでは定義されていません。

説明のためここに記載してありますが、
このメソッドは実際には Object クラスには定義されていません。
必要に応じてサブクラスで定義すべきものです。

このメソッドを定義する...
...* 整数が使われるすべての場面で代置可能であるような、
* 整数そのものとみなせるようなもの
という厳しいものになっています。

class Foo
def to_int
1
end
end

ary = [:a, :b, :c]
p
(ary[Foo.new]) # => :b

@see Kernel.#Integer...

絞り込み条件を変える

Object#to_str -> String (13.0)

オブジェクトの String への暗黙の変換が必要なときに内部で呼ばれます。 デフォルトでは定義されていません。

...
デフォルトでは定義されていません。

説明のためここに記載してありますが、
このメソッドは実際には Object クラスには定義されていません。
必要に応じてサブクラスで定義すべきものです。

このメソッドを定義する...
...ての場面で代置可能であるような、
* 文字列そのものとみなせるようなもの
という厳しいものになっています。

class Foo
def to_str
'Edition'
end
end

it = Foo.new
p
('Second' + it) #=> "SecondEdition"

@see Object#to_s,Kernel.#String...