るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
63件ヒット [1-63件を表示] (0.009秒)
トップページ > クラス:Object[x] > クエリ:===[x]

別のキーワード

  1. _builtin ===
  2. date ===
  3. ipaddr ===
  4. pathname ===
  5. bigdecimal ===

ライブラリ

キーワード

検索結果

Object#===(other) -> bool (18107.0)

メソッド Object#== の別名です。 case 式で使用されます。このメソッドは case 式での振る舞いを考慮して、 各クラスの性質に合わせて再定義すべきです。

...メソッド Object#== の別名です。
case 式で使用されます。このメソッドは case 式での振る舞いを考慮して、
各クラスの性質に合わせて再定義すべきです。

一般的に所属性のチェックを実現するため適宜再定義されます。

when...
...節の式をレシーバーとして === を呼び出すことに注意してください。

また Enumerable#grep でも使用されます。

@param other 比較するオブジェクトです。

age = 12
result =
case age
when 0 .. 2
"baby"
when 3 .. 6
"little child"
when...
...s. But don't hit."
else
"unknown"
end
end

puts check([]) #=> unknown
puts check("mash-up in Ruby on Rails") #=> instance of String class. But not hit...
puts check("<Ruby's world>") #=> hit! <Ruby's world>

@see Object#==, Range#===, Module#===, Regexp#===, Enumerable#grep...

Object::DATA -> File (31.0)

スクリプトの __END__ プログラムの終り以降をアクセスする File オブジェクト。

...ための File オブジェクトを保持しています。

__END__ を含まないプログラムにおいては DATA は定義されません。

===
注意

* DATA.rewind で移動する読みとり位置は __END__ 直後ではなく、
スクリプトファイルの先頭です。...
...ルの中であってもそのファイル (__FILE__, d:spec/variables#pseudo)
ではなく実行されたファイル ($0) を指します。

===
例1
print DATA.gets # => 故人西辞黄鶴楼
print DATA.gets # => 烟花三月下揚州
print DATA.gets # => 孤帆遠影碧空尽...
...長江天際流

===
例2
sum = 0
DATA.each_line do |line|
sum += line.to_i
end

DATA.rewind
p DATA.gets # => "sum = 0¥n"

__END__
17
19
23
29
31

===
例3
DATA.gets # => uninitialized constant DATA (NameError)

===
例4

ファイ...

Object#<=>(other) -> 0 | nil (17.0)

self === other である場合に 0 を返します。そうでない場合には nil を返します。

...self === other である場合に 0 を返します。そうでない場合には nil を返します。

@see Object#===...

Object#clone -> object (7.0)

オブジェクトの複製を作成して返します。

...#=> true
p(obj_d.tainted?) #=> true
p(obj_d.frozen?) #=> false
p(obj_d.respond_to?(:fuga)) #=> false

@see Object#initialize_copy

===
深いコピーと浅いコピー

clone や dup はオブジェクト自身を複製するだけで、オブジェクトの指し
...

Object#clone(freeze: true) -> object (7.0)

オブジェクトの複製を作成して返します。

...#=> true
p(obj_d.tainted?) #=> true
p(obj_d.frozen?) #=> false
p(obj_d.respond_to?(:fuga)) #=> false

@see Object#initialize_copy

===
深いコピーと浅いコピー

clone や dup はオブジェクト自身を複製するだけで、オブジェクトの指し
...

絞り込み条件を変える

Object#dup -> object (7.0)

オブジェクトの複製を作成して返します。

...#=> true
p(obj_d.tainted?) #=> true
p(obj_d.frozen?) #=> false
p(obj_d.respond_to?(:fuga)) #=> false

@see Object#initialize_copy

===
深いコピーと浅いコピー

clone や dup はオブジェクト自身を複製するだけで、オブジェクトの指し
...

Object.yaml_tag(tag) -> () (7.0)

クラスと tag の間を関連付けます。

...クラスに関連付けるタグの文字列

===
Example
require 'psych'

class Foo
def initialize(x)
@x = x
end

attr_reader :x
end

# Dumps Ruby object normally
p Psych.dump(Foo.new(3))
# =>
# --- !ruby/object:Foo
# x: 3

# Registers tag with class...
...Foo
Foo.yaml_as("tag:example.com,2013:foo")
# ... and dumps the object of Foo class
Psych.dump(Foo.new(3), STDOUT)
# =>
# --- !<tag:example.com,2013:foo>
# x: 3

# Loads the object from the tagged YAML node
p Psych.load(<<EOS)
--- !<tag:example.com,2012:foo>
x: 8
EOS
# =>...

Object::STDERR -> IO (7.0)

標準エラー出力。$stderr のデフォルト値。 $stderr も参照してください。

...ダイレクトを実現できます。
そして、 $stderr に STDERR を代入すればこのリダイレクトを復元できるわけです。

===
注意
STDERR は ruby 自体が起動された時点での標準エラー出力です。
「システムにおける標準のエラー出力スト...

Object::STDIN -> IO (7.0)

標準入力。$stdin のデフォルト値。 $stdin も参照してください。

...リダイレクトを実現できます。
そして、 $stdin に STDIN を代入すればこのリダイレクトを復元できるわけです。

===
注意
STDIN は ruby 自体が起動された時点での標準入力です。
「システムにおける標準の入力ストリーム」とは...

Object::STDOUT -> IO (7.0)

標準出力。$stdout のデフォルト値。 $stdout も参照してください。

...ダイレクトを実現できます。
そして、 $stdout に STDOUT を代入すればこのリダイレクトを復元できるわけです。

===
注意
STDOUT は ruby 自体が起動された時点での標準出力です。
「システムにおける標準の出力ストリーム」とは...

絞り込み条件を変える