るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
39件ヒット [1-39件を表示] (0.009秒)
トップページ > クラス:Method[x] > クエリ:call[x]

別のキーワード

  1. _builtin call
  2. method call
  3. continuation call
  4. tracer display_c_call

ライブラリ

キーワード

検索結果

Method#call(*args) -> object (15109.0)

メソッドオブジェクトに封入されているメソッドを起動します。

...行されます

@param args self に渡される引数。

@see spec/safelevel

例:
class Foo
def foo(arg)
"foo called with arg #{arg}"
end
end

m = Foo.new.method(:foo) # => #<Method: Foo#foo>
m[1] # => "foo called with arg 1"
m.call(2) # => "foo called with arg 2"...

Method#call(*args) { ... } -> object (15109.0)

メソッドオブジェクトに封入されているメソッドを起動します。

...行されます

@param args self に渡される引数。

@see spec/safelevel

例:
class Foo
def foo(arg)
"foo called with arg #{arg}"
end
end

m = Foo.new.method(:foo) # => #<Method: Foo#foo>
m[1] # => "foo called with arg 1"
m.call(2) # => "foo called with arg 2"...

Method#curry -> Proc (31.0)

self を元にカリー化した Proc を返します。

...= self.method(:foo).curry
proc2 = proc.call(1, 2) #=> #<Proc>
proc2.call(3) #=> [1,2,3]

def vararg(*args)
args
end

proc = self.method(:vararg).curry(4)
proc2 = proc.call(:x) #=> #<Proc>
proc3 = proc2.call(:y, :z) #=> #<Proc>
proc3.call(:a)...

Method#curry(arity) -> Proc (31.0)

self を元にカリー化した Proc を返します。

...= self.method(:foo).curry
proc2 = proc.call(1, 2) #=> #<Proc>
proc2.call(3) #=> [1,2,3]

def vararg(*args)
args
end

proc = self.method(:vararg).curry(4)
proc2 = proc.call(:x) #=> #<Proc>
proc3 = proc2.call(:y, :z) #=> #<Proc>
proc3.call(:a)...

Method#to_proc -> Proc (23.0)

self を call する Proc オブジェクトを生成して返します。

...self を call する Proc オブジェクトを生成して返します。

例:
class Foo
def foo
"foo"
end
end

m = Foo.new.method(:foo) # => #<Method: Foo#foo>
pr = m.to_proc # => #<Proc:0x007f874d026008 (lambda)>
pr.call # => "foo"...

絞り込み条件を変える

Method#clone -> Method (13.0)

自身を複製した Method オブジェクトを作成して返します。

...自身を複製した Method オブジェクトを作成して返します。

例:
class Foo
def foo
"foo"
end
end

m = Foo.new.method(:foo) # => #<Method: Foo#foo>
m.call # => "foo"

m.clone # => #<Method: Foo#foo>
m.clone.call # => "foo"...

Method#super_method -> Method | nil (13.0)

self 内で super を実行した際に実行されるメソッドを Method オブジェ クトにして返します。

...ドを Method オブジェ
クトにして返します。

@see UnboundMethod#super_method

例:
class Super
def foo
"superclass method"
end
end

class Sub < Super
def foo
"subclass method"
end
end

m = Sub.new.method(:foo) # => #<Method: Sub#foo>
m.call # =>...
..."subclass method"
m.super_method # => #<Method: Super#foo>
m.super_method.call # => "superclass method"...

Method#[](*args) -> object (9.0)

メソッドオブジェクトに封入されているメソッドを起動します。

...行されます

@param args self に渡される引数。

@see spec/safelevel

例:
class Foo
def foo(arg)
"foo called with arg #{arg}"
end
end

m = Foo.new.method(:foo) # => #<Method: Foo#foo>
m[1] # => "foo called with arg 1"
m.call(2) # => "foo called with arg 2"...