るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
24件ヒット [1-24件を表示] (0.012秒)
トップページ > クラス:Method[x] > クエリ:Proc[x]

別のキーワード

  1. _builtin to_proc
  2. _builtin proc
  3. proc new
  4. proc curry
  5. kernel proc

ライブラリ

キーワード

検索結果

Method#to_proc -> Proc (6219.0)

self を call する Proc オブジェクトを生成して返します。

...self を call する Proc オブジェクトを生成して返します。...

Method#curry -> Proc (221.0)

self を元にカリー化した Proc を返します。

...した Proc を返します。

カリー化した Proc はいくつかの引数をとります。十分な数の引数が与
えられると、元の Proc に引数を渡し て実行し、結果を返します。引数
の個数が足りないときは、部分適用したカリー化 Proc を返...
...end

proc
= self.method(:foo).curry
proc
2 = proc.call(1, 2) #=> #<Proc>
proc
2.call(3) #=> [1,2,3]

def vararg(*args)
args
end

proc
= self.method(:vararg).curry(4)
proc
2 = proc.call(:x) #=> #<Proc>
proc
3 = proc2.call(:y, :z) #=> #<Proc>
proc
3.c...
...all(:a) #=> [:x, :y, :z, :a]

@see Proc#curry...

Method#curry(arity) -> Proc (221.0)

self を元にカリー化した Proc を返します。

...した Proc を返します。

カリー化した Proc はいくつかの引数をとります。十分な数の引数が与
えられると、元の Proc に引数を渡し て実行し、結果を返します。引数
の個数が足りないときは、部分適用したカリー化 Proc を返...
...end

proc
= self.method(:foo).curry
proc
2 = proc.call(1, 2) #=> #<Proc>
proc
2.call(3) #=> [1,2,3]

def vararg(*args)
args
end

proc
= self.method(:vararg).curry(4)
proc
2 = proc.call(:x) #=> #<Proc>
proc
3 = proc2.call(:y, :z) #=> #<Proc>
proc
3.c...
...all(:a) #=> [:x, :y, :z, :a]

@see Proc#curry...

Method#parameters -> [object] (7.0)

Method オブジェクトの引数の情報を返します。

...Method オブジェクトの引数の情報を返します。

Method
オブジェクトが引数を取らなければ空の配列を返します。引数を取る場合は、配列の配列を返し、
各配列の要素は引数の種類に応じた以下のような Symbol と、仮引数の名...
...された残りすべての引数
: :block
& で指定されたブロック引数

例:
m = Class.new{define_method(:m){|x, y=42, *other, &b|}}.instance_method(:m)
m.parameters #=> x], [:opt, :y], [:rest, :other], [:block, :b
File.method(:symlink).parameters #=> req

@see Proc#parameters...
...されたブロック引数

例:
m = Class.new{define_method(:m){|x, y=42, *other, k_x: 42, **k_other, &b|}}.instance_method(:m)
m.parameters #=> x], [:opt, :y], [:rest, :other], [:key, :k_x], [:keyrest, :k_other], [:block, :b
File.method(:symlink).parameters #=> req

@see Proc#parameters...
...

例:
m = Class.new{define_method(:m){|x, y=42, *other, k_x:, k_y: 42, **k_other, &b|}}.instance_method(:m)
m.parameters #=> x], [:opt, :y], [:rest, :other], [:keyreq, :k_x], [:key, :k_y], [:keyrest, :k_other], [:block, :b
File.method(:symlink).parameters #=> req

@see Proc#parameters...
...引数

例:
m = Class.new{define_method(:m){|x, y=42, *other, k_x:, k_y: 42, **k_other, &b|}}.instance_method(:m)
m.parameters #=> x], [:opt, :y], [:rest, :other], [:keyreq, :k_x], [:key, :k_y], [:keyrest, :k_other], [:block, :b
File.method(:symlink).parameters #=> req

@see Proc#parameters...

Method#source_location -> [String, Fixnum] | nil (7.0)

ソースコードのファイル名と行番号を配列で返します。

...す。

その手続オブジェクトが ruby で定義されていない(つまりネイティブ
である)場合は nil を返します。

@see Proc#source_location...

絞り込み条件を変える