るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
10件ヒット [1-10件を表示] (0.021秒)
トップページ > クラス:Integer[x] > クエリ:float[x] > クエリ:>[x]

別のキーワード

  1. _builtin float
  2. float to_d
  3. json float
  4. float rationalize
  5. fiddle type_float

ライブラリ

キーワード

検索結果

Integer#to_f -> Float (242.0)

self を浮動小数点数(Float)に変換します。

...elf を浮動小数点数(Float)に変換します。

self が Float の範囲に収まらない場合、Float::INFINITY を返します。

//emlist[][ruby]{
1.to_f # => 1.0
(Float::MAX.to_i * 2).to_f # => Infinity
(-Float::MAX.to_i * 2).to_f # => -Infinity
//}...

Integer#ceil(ndigits = 0) -> Integer | Float (208.0)

self と等しいかより大きな整数のうち最小のものを返します。

...Float を返します。
小数点以下を、最大 n 桁にします。
負の整数を指定した場合、Integer を返します。
小数点位置から左に少なくとも n 個の 0 が並びます。

//emlist[][ruby]{
1.ceil # => 1...
...1.ceil(2) # => 1.0
18.ceil(-1) # => 20
(-18).ceil(-1) # => -10
//}

@see Numeric#ceil...

Integer#floor(ndigits = 0) -> Integer | Float (208.0)

self と等しいかより小さな整数のうち最大のものを返します。

...Float を返します。
小数点以下を、最大 n 桁にします。
負の整数を指定した場合、Integer を返します。
小数点位置から左に少なくとも n 個の 0 が並びます。

//emlist[][ruby]{
1.floor # => 1
1...
....floor(2) # => 1.0
18.floor(-1) # => 10
(-18).floor(-1) # => -20
//}

@see Numeric#floor...

Integer#round(ndigits = 0, half: :up) -> Integer | Float (208.0)

self ともっとも近い整数を返します。

...数で指定します。
正の整数を指定した場合、Float を返します。
小数点以下を、最大 n 桁にします。
負の整数を指定した場合、Integer を返します。
小数点位置から左に少なくとも...
...=> 1
1.round(2) # => 1.0
15.round(-1) # => 20
(-15).round(-1) #=> -20

25.round(-1, half: :up) # => 30
25.round(-1, half: :down) # => 20
25.round(-1, half: :even) # => 20
35.round(-1, half: :up) # => 40
35.round(-1, half: :down) # => 30
35.round(-1, half: :even) # => 4...
...0
(-25).round(-1, half: :up) # => -30
(-25).round(-1, half: :down) # => -20
(-25).round(-1, half: :even) # => -20
//}

@see Numeric#round...

Integer#truncate(ndigits = 0) -> Integer | Float (208.0)

0 から self までの整数で、自身にもっとも近い整数を返します。

...Float を返します。
小数点以下を、最大 n 桁にします。
負の整数を指定した場合、Integer を返します。
小数点位置から左に少なくとも n 個の 0 が並びます。

//emlist[][ruby]{
1.truncate # =>...
...1
1.truncate(2) # => 1.0
18.truncate(-1) #=> 10
(-18).truncate(-1) #=> -10
//}

@see Numeric#truncate...

絞り込み条件を変える

Integer#fdiv(other) -> Numeric (133.0)

self を other で割った商を Float で返します。 ただし Complex が関わる場合は例外です。 その場合も成分は Float になります。

...self を other で割った商を Float で返します。
ただし Complex が関わる場合は例外です。
その場合も成分は Float になります。

@param other self を割る数を指定します。

@see Numeric#quo, Numeric#div, Integer#div...