るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
605件ヒット [401-500件を表示] (0.009秒)
トップページ > クラス:Hash[x]

ライブラリ

キーワード

検索結果

<< < ... 3 4 5 6 7 > >>

Hash#reject {|key, value| ... } -> Hash (1.0)

self を複製して、ブロックを評価した値が真になる要 素を削除したハッシュを返します。

...とほぼ同じです。
selfを破壊的に変更したい場合はかわりにHash#delete_ifかHash#reject!を使います。

h = { 2 =>"8" ,4 =>"6" ,6 =>"4" ,8 =>"2" }

p h.reject{|key, value| key.to_i < value.to_i} #=> {6=>"4", 8=>"2"}

@see Hash#delete_if,Hash#delete,Enumerable#reject...

Hash#reject! -> Enumerator (1.0)

キーと値を引数としてブロックを評価した結果が真であ るような要素を self から削除します。

...", 8 => "2" }
p h #=> { 6 => "4", 8 => "2" }

p h.delete_if{|key, value| key.to_i < value.to_i } #=> { 6 => "4", 8 => "2" }
p h.reject!{|key, value| key.to_i < value.to_i } #=> nil

@see Hash#reject,Hash#delete
@see Hash#keep_if,Hash#select!...

Hash#reject! {|key, value| ... } -> self|nil (1.0)

キーと値を引数としてブロックを評価した結果が真であ るような要素を self から削除します。

...", 8 => "2" }
p h #=> { 6 => "4", 8 => "2" }

p h.delete_if{|key, value| key.to_i < value.to_i } #=> { 6 => "4", 8 => "2" }
p h.reject!{|key, value| key.to_i < value.to_i } #=> nil

@see Hash#reject,Hash#delete
@see Hash#keep_if,Hash#select!...

Hash#replace(other) -> self (1.0)

ハッシュの内容を other の内容で置き換えます。

...ます。
otherがハッシュではない場合、otherのメソッドto_hashを使って暗黙の変換を試みます。

self = other.to_hash.dup と同じです。

@param other ハッシュまたはメソッド to_hash でハッシュに変換できるオブジェクトです。
@return self...
...ace(bar)
p foo #=> {2=>"B", 3=>"C"}

zoo = {}
zoo = bar.dup
p zoo #=> {2=>"B", 3=>"C"}

class Foo
def to_hash
{:japan => 'kyoto'}
end
end

h = Hash.new
h.replace(Foo.new) #暗黙の変換
p h #=> {:japan=>"kyoto"}

@see Hash#dup,Hash#merge,Object#to_hash...

Hash#select -> Enumerator (1.0)

key, value のペアについてブロックを評価し,真となるペアだけを含む ハッシュを生成して返します。

key, value のペアについてブロックを評価し,真となるペアだけを含む
ハッシュを生成して返します。

h = { "a" => 100, "b" => 200, "c" => 300 }
h.select {|k,v| k > "a"} #=> {"b" => 200, "c" => 300}
h.select {|k,v| v < 200} #=> {"a" => 100}

絞り込み条件を変える

Hash#select {|key, value| ... } -> Hash (1.0)

key, value のペアについてブロックを評価し,真となるペアだけを含む ハッシュを生成して返します。

key, value のペアについてブロックを評価し,真となるペアだけを含む
ハッシュを生成して返します。

h = { "a" => 100, "b" => 200, "c" => 300 }
h.select {|k,v| k > "a"} #=> {"b" => 200, "c" => 300}
h.select {|k,v| v < 200} #=> {"a" => 100}

Hash#select! -> Enumerator (1.0)

キーと値を引数としてブロックを評価した結果が真であるような要素を self に残します。

...select!>

h1.select! { |k, v| k % 3 == 0 } # => {0=>"a", 3=>"d", 6=>"g"}
h1.select! { |k, v| true } # => nil
h2.keep_if { |k, v| k % 3 == 0 } # => {0=>"a", 3=>"d", 6=>"g"}
h2.keep_if { |k, v| true } # => {0=>"a", 3=>"d", 6=>"g"}

@see Hash#select, Hash#delete_if,Hash#reject!...

Hash#select! {|key, value| ... } -> self | nil (1.0)

キーと値を引数としてブロックを評価した結果が真であるような要素を self に残します。

...select!>

h1.select! { |k, v| k % 3 == 0 } # => {0=>"a", 3=>"d", 6=>"g"}
h1.select! { |k, v| true } # => nil
h2.keep_if { |k, v| k % 3 == 0 } # => {0=>"a", 3=>"d", 6=>"g"}
h2.keep_if { |k, v| true } # => {0=>"a", 3=>"d", 6=>"g"}

@see Hash#select, Hash#delete_if,Hash#reject!...

Hash#shift -> [object, object] (1.0)

ハッシュからキーが追加された順で先頭の要素をひとつ取り除き、 [key, value]という配列として返します。

...す。selfは要素を取り除かれた残りのハッシュに変更されます。

ハッシュが空の場合、デフォルト値(Hash#defaultまたはHash#default_procのブロックの値か、どちらもnilならばnil)
を返します(このとき、[key,value] という形式の値...
...[:cd, "all"]
p h #=> {}
p h.shift #=> nil

h1 = Hash.new("default value")
p h1 #=> {}
p h1.shift #=> "default value"

h2 = Hash.new {|*arg| arg}
p h2 #=> {}
p h2.shift #=> [{}, nil]...

Hash#size -> Integer (1.0)

ハッシュの要素の数を返します。

ハッシュの要素の数を返します。

puts({ant: 9 ,dog: 101 ,cat: 3}.length) #=> 3

絞り込み条件を変える

Hash#slice(*keys) -> Hash (1.0)

引数で指定されたキーとその値だけを含む Hash を返します。

...引数で指定されたキーとその値だけを含む Hash を返します。

//emlist[例][ruby]{
h = { a: 100, b: 200, c: 300 }
h.slice(:a) # => {:a=>100}
h.slice(:b, :c, :d) # => {:b=>200, :c=>300}
//}...

Hash#sort -> Array (1.0)

ハッシュを [key, value] を要素とする配列の配列に変換して,それをソー トした配列を返します。

ハッシュを [key, value] を要素とする配列の配列に変換して,それをソー
トした配列を返します。

h = { "a" => 20, "b" => 30, "c" => 10 }
h.sort #=> [["a", 20], ["b", 30], ["c", 10]]
h.sort {|a,b| a[1]<=>b[1]} #=> [["c", 10], ["a", 20], ["b", 30]]

@see Array#sort

Hash#sort {|a, b| ... } -> Array (1.0)

ハッシュを [key, value] を要素とする配列の配列に変換して,それをソー トした配列を返します。

ハッシュを [key, value] を要素とする配列の配列に変換して,それをソー
トした配列を返します。

h = { "a" => 20, "b" => 30, "c" => 10 }
h.sort #=> [["a", 20], ["b", 30], ["c", 10]]
h.sort {|a,b| a[1]<=>b[1]} #=> [["c", 10], ["a", 20], ["b", 30]]

@see Array#sort

Hash#store(key, value) -> object (1.0)

key に対して value を関連づけます。value を返し ます。

...@param key キーを指定します。
@param value 値を指定します。


h = {}

h[:key] = "value"
p h #=>{:key => "value"}

@see Hash#[]...

Hash#taguri -> String (1.0)

自身のタグ URI を返します。

自身のタグ URI を返します。

絞り込み条件を変える

Hash#taguri=(val) (1.0)

自身のタグ URI を val に設定します。

自身のタグ URI を val に設定します。

@param val タグ URI を文字列で指定します。

Hash#to_a -> [Array] (1.0)

キーと値からなる 2 要素の配列を並べた配列を生成して返します。

...列を並べた配列を生成して返します。

h1 = { "a" => 100, 2 => ["some"], :c => "c" }
p h1.to_a #=> c, "c"

@see Hash#keys,Hash#values...

Hash#to_h -> self | Hash (1.0)

self を返します。Hash クラスのサブクラスから呼び出した場合は self を Hash オブジェクトに変換します。

...す。Hash クラスのサブクラスから呼び出した場合は
self を Hash オブジェクトに変換します。

例:
hash
= {}
p hash.to_h # => {}
p hash.to_h == hash # => true

class MyHash < Hash;end
my_hash = MyHash.new
p my_hash.to_h # => {}
p my_hash.class...
...# => MyHash
p my_hash.to_h.class # => Hash...
<< < ... 3 4 5 6 7 > >>