るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
500件ヒット [201-300件を表示] (0.008秒)
トップページ > クラス:Hash[x]

ライブラリ

キーワード

検索結果

<< < 1 2 3 4 5 > >>

Hash#flatten(level = 1) -> Array (1.0)

自身を平坦化した配列を生成して返します。

自身を平坦化した配列を生成して返します。

全てのキーと値を新しい配列の要素として展開します。
Array#flatten と違って、デフォルトではこのメソッドは自身を
再帰的に平坦化しません。level を指定すると指定されたレベルまで
再帰的に平坦化します。

@param level 展開するレベル

a = {1=> "one", 2 => [2,"two"], 3 => "three"}
a.flatten #=> [1, "one", 2, [2, "two"], 3, "three"]
a.flatten(1) #=> [1, "one", 2, ...

Hash#has_key?(key) -> bool (1.0)

ハッシュが key をキーとして持つ時真を返します。

...ます。

@param key 探索するキーを指定します。

p({1 => "one"}.has_key?(1)) #=> true
p({1 => "one"}.has_key?(2)) #=> false

@see Hash#has_value?...

Hash#has_value?(value) -> bool (1.0)

ハッシュが value を値として持つ時真を返します。 値の一致判定は == で行われます。

...@param value 探索する値を指定します。

p({1 => "one"}.has_value?("one")) #=> true
p({1 => "one"}.has_value?("two")) #=> false

@see Hash#has_key?...

Hash#hash -> Integer (1.0)

自身が保持するキーと値のハッシュ値を元にして算出した整数を返します。 自身が保持するキーや値が変化すればこのメソッドが返す値も変化します。

...します。
自身が保持するキーや値が変化すればこのメソッドが返す値も変化します。

a = {}
p a.hash #=> 0
a[1] = :x
p a.hash #=> 329543...

Hash#include?(key) -> bool (1.0)

ハッシュが key をキーとして持つ時真を返します。

...ます。

@param key 探索するキーを指定します。

p({1 => "one"}.has_key?(1)) #=> true
p({1 => "one"}.has_key?(2)) #=> false

@see Hash#has_value?...

絞り込み条件を変える

Hash#index(val) -> object (1.0)

値 val に対応するキーを返します。対応する要素が存在しない時には nil を返します。

...

Hash
#index は obsolete です。
使用すると警告メッセージが表示されます。

@param val 探索に用いる値を指定します。

h = {:ab => "some" , :cd => "all" , :ef => "all"}

p h.key("some") #=> :ab
p h.key("all") #=> :cd
p h.key("at") #=> nil

@see Hash#inv...

Hash#inspect -> String (1.0)

ハッシュの内容を人間に読みやすい文字列にして返します。

ハッシュの内容を人間に読みやすい文字列にして返します。

h = { "c" => 300, "a" => 100, "d" => 400, "c" => 300 }
h.inspect # => "{\"a\"=>100, \"c\"=>300, \"d\"=>400}"

Hash#invert -> Hash (1.0)

値からキーへのハッシュを作成して返します。

...

def safe_invert(orig_hash)
result = Hash.new{|h,key| h[key] = [] }
orig_hash.each{|key, value|
result[value] << key
}
result
end
p safe_invert({"a"=>1, "b"=>1, "c"=>3})
#=> {1=>["a", "b"], 3=>["c"]}

#転載:Rubyレシピブック No.120

@see Hash#key...

Hash#keep_if -> Enumerator (1.0)

キーと値を引数としてブロックを評価した結果が真であるような要素を self に残します。

...ct! はオブジェクトが変更された場合に self を、
されていない場合に nil を返します。

ブロックが与えられなかった場合は、自身と keep_if から生成した
Enumerator オブジェクトを返します。

@see Hash#select, Hash#delete_if,Hash#reject!...

Hash#keep_if {|key, value| ... } -> self (1.0)

キーと値を引数としてブロックを評価した結果が真であるような要素を self に残します。

...ct! はオブジェクトが変更された場合に self を、
されていない場合に nil を返します。

ブロックが与えられなかった場合は、自身と keep_if から生成した
Enumerator オブジェクトを返します。

@see Hash#select, Hash#delete_if,Hash#reject!...

絞り込み条件を変える

Hash#key(val) -> object (1.0)

値 val に対応するキーを返します。対応する要素が存在しない時には nil を返します。

...

Hash
#index は obsolete です。
使用すると警告メッセージが表示されます。

@param val 探索に用いる値を指定します。

h = {:ab => "some" , :cd => "all" , :ef => "all"}

p h.key("some") #=> :ab
p h.key("all") #=> :cd
p h.key("at") #=> nil

@see Hash#inv...

Hash#key?(key) -> bool (1.0)

ハッシュが key をキーとして持つ時真を返します。

...ます。

@param key 探索するキーを指定します。

p({1 => "one"}.has_key?(1)) #=> true
p({1 => "one"}.has_key?(2)) #=> false

@see Hash#has_value?...

Hash#keys -> [object] (1.0)

全キーの配列を返します。

...全キーの配列を返します。

h1 = { "a" => 100, 2 => ["some"], :c => "c" }
p h1.keys #=> ["a", 2, :c]

@see Hash#values,Hash#to_a...

Hash#length -> Integer (1.0)

ハッシュの要素の数を返します。

ハッシュの要素の数を返します。

puts({ant: 9 ,dog: 101 ,cat: 3}.length) #=> 3

Hash#member?(key) -> bool (1.0)

ハッシュが key をキーとして持つ時真を返します。

...ます。

@param key 探索するキーを指定します。

p({1 => "one"}.has_key?(1)) #=> true
p({1 => "one"}.has_key?(2)) #=> false

@see Hash#has_value?...

絞り込み条件を変える

Hash#merge!(other) -> self (1.0)

selfとotherのハッシュの内容をマージ(統合)した結果を返します。デフォルト値はselfの設定のままです。

...でない
場合は常に other の値を使います。

Hash
#merge! は、マージの結果でselfを変更する破壊的メソッドで、Hash#update の別名です。

otherがハッシュではない場合、otherのメソッドto_hashを使って暗黙の変換を試みます。

@param oth...
..._val, bar_val| foo_val + bar_val } #=> {1=>"a", 2=>"bB", 3=>"cC", 4=>"D"}
p foo #=> {1=>"a", 2=>"bB", 3=>"cC", 4=>"D"}

class Foo
def to_hash
{:Australia => 'Sydney',
:France => 'Paris'
}
end
end

h = {:Germany => 'Berlin',
:Australia => 'Canberra',...
...:France => 'Paris'
}
h.merge!(Foo.new) #暗黙の変換
p h #=> {:Germany=>"Berlin", :Australia=>"Sydney", :France=>"Paris"}

@see Hash#update,Hash#replace...

Hash#merge!(other) {|key, self_val, other_val| ... } -> self (1.0)

selfとotherのハッシュの内容をマージ(統合)した結果を返します。デフォルト値はselfの設定のままです。

...でない
場合は常に other の値を使います。

Hash
#merge! は、マージの結果でselfを変更する破壊的メソッドで、Hash#update の別名です。

otherがハッシュではない場合、otherのメソッドto_hashを使って暗黙の変換を試みます。

@param oth...
..._val, bar_val| foo_val + bar_val } #=> {1=>"a", 2=>"bB", 3=>"cC", 4=>"D"}
p foo #=> {1=>"a", 2=>"bB", 3=>"cC", 4=>"D"}

class Foo
def to_hash
{:Australia => 'Sydney',
:France => 'Paris'
}
end
end

h = {:Germany => 'Berlin',
:Australia => 'Canberra',...
...:France => 'Paris'
}
h.merge!(Foo.new) #暗黙の変換
p h #=> {:Germany=>"Berlin", :Australia=>"Sydney", :France=>"Paris"}

@see Hash#update,Hash#replace...
<< < 1 2 3 4 5 > >>