るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
475件ヒット [401-475件を表示] (0.009秒)
トップページ > クラス:File[x]

ライブラリ

キーワード

検索結果

<< < ... 3 4 5 >>

File.umask -> Integer (1.0)

現在の umask の値を返します。

現在の umask の値を返します。

@see umask(2)

File.umask(umask) -> Integer (1.0)

umask を変更します。変更前の umask の値を返します。

...前の umask の値を返します。

@param umask 設定したい umask の値を整数で指定します。

//emlist[例][ruby]{
File
.umask(0006) # => 18
File
.umask # => 6
//}

@see umask(2)...

File.unlink(*filename) -> Integer (1.0)

ファイルを削除します。削除したファイルの数を返します。 削除に失敗した場合は例外 Errno::EXXX が発生します。

...am filename ファイル名を表す文字列を指定します。

@raise Errno::EXXX 失敗した場合に発生します。

例:
IO.write("test.txt", "test")
p File.exists?("test.txt") # => true
p File.delete("test.txt") # => 1
p File.exists?("test.txt") # => false
begin
File
.d...
...elete("test.txt")
rescue
p $! # => #<Errno::ENOENT: No such file or directory @ unlink_internal - test.txt>
end...

File.utime(atime, mtime, *filename) -> Integer (1.0)

ファイルの最終アクセス時刻と更新時刻を変更します。 シンボリックリンクに対しては File.lutime と違って、 シンボリックのリンク先を変更します。

...秒数を数値で指定します。

@param mtime 更新時刻を Time か、起算時からの経過秒数を数値で指定します。

@param filename ファイル名を表す文字列を指定します。複数指定できます。

@return 変更したファイルの数を返します。

@ra...
...3, 4, 5, 6)
File
.utime(atime, mtime, "testfile") # => 1
File
.atime("testfile") # => 2018-01-02 03:04:05 +0900
File
.mtime("testfile") # => 2018-02-03 04:05:06 +0900

例: 経過秒数で指定
File
.utime(1, 2, "testfile") # => 1
File
.atime("testfile")...
...# => 1970-01-01 09:00:01 +0900
File
.mtime("testfile") # => 1970-01-01 09:00:02 +0900...
...ファイルの最終アクセス時刻と更新時刻を変更します。
シンボリックリンクに対しては File.lutime と違って、
シンボリックのリンク先を変更します。

@param atime 最終アクセス時刻を Time か、起算時からの経過秒数を数値で...
...指定します。

@param mtime 更新時刻を Time か、起算時からの経過秒数を数値で指定します。

@param filename ファイル名を表す文字列を指定します。複数指定できます。

@return 変更したファイルの数を返します。

@raise Errno::EXXX...

File.world_readable?(path) -> Integer | nil (1.0)

path が全てのユーザから読めるならばそのファイルのパーミッションを表す 整数を返します。そうでない場合は nil を返します。

...うでない場合は nil を返します。

整数の意味はプラットフォームに依存します。

@param path パスを表す文字列か IO オブジェクトを指定します。

例:

m = File.world_readable?("/etc/passwd")
"%o" % m # => "644"...

絞り込み条件を変える

File.world_writable?(path) -> bool (1.0)

path が全てのユーザから書き込めるならば、そのファイルのパーミッションを表す 整数を返します。そうでない場合は nil を返します。

...す。そうでない場合は nil を返します。

整数の意味はプラットフォームに依存します。

@param path パスを表す文字列か IO オブジェクトを指定します。

例:

m = File.world_writable?("/tmp")
"%o" % m #=> "777"...

File.writable?(path) -> bool (1.0)

FileTest.#writable? と同じです。

...
File
Test.#writable? と同じです。

@param path パスを表す文字列を指定します。...

File.writable_real?(path) -> bool (1.0)

FileTest.#writable_real? と同じです。

...
File
Test.#writable_real? と同じです。

@param path パスを表す文字列を指定します。...

File.zero?(path) -> bool (1.0)

FileTest.#zero? と同じです。

...
File
Test.#zero? と同じです。

@param path パスを表す文字列か IO オブジェクトを指定します。...

File::ALT_SEPARATOR -> "\\" | nil (1.0)

システムのファイルパスのセパレータが SEPARATOR と異なる場合 に設定されます。MS-DOS などでは "\\" です。UNIX や Cygwin などでは nil です。

システムのファイルパスのセパレータが SEPARATOR と異なる場合
に設定されます。MS-DOS などでは "\\" です。UNIX や Cygwin などでは nil です。

絞り込み条件を変える

File::PATH_SEPARATOR -> ";" | ":" (1.0)

PATH 環境変数の要素のセパレータです。UNIX では ":" MS-DOS な どでは ";" です。

PATH 環境変数の要素のセパレータです。UNIX では ":" MS-DOS な
どでは ";" です。

File::SEPARATOR -> "/" (1.0)

ファイルパスのセパレータです。ファイルを扱うメソッドにパス名を渡す 場合などスクリプト内のパス名は環境によらずこのセパレータで統一され ます。値は "/" です。

ファイルパスのセパレータです。ファイルを扱うメソッドにパス名を渡す
場合などスクリプト内のパス名は環境によらずこのセパレータで統一され
ます。値は "/" です。

File::Separator -> "/" (1.0)

ファイルパスのセパレータです。ファイルを扱うメソッドにパス名を渡す 場合などスクリプト内のパス名は環境によらずこのセパレータで統一され ます。値は "/" です。

ファイルパスのセパレータです。ファイルを扱うメソッドにパス名を渡す
場合などスクリプト内のパス名は環境によらずこのセパレータで統一され
ます。値は "/" です。
<< < ... 3 4 5 >>