るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
60件ヒット [1-60件を表示] (0.010秒)
トップページ > クラス:Encoding[x] > 種類:特異メソッド[x]

ライブラリ

検索結果

Encoding.aliases -> Hash (2.0)

エンコーディングの別名に対して元の名前を対応づけるハッシュを返します。

...エンコーディングの別名に対して元の名前を対応づけるハッシュを返します。

例:
p Encoding.aliases
#=> {"BINARY"=>"ASCII-8BIT", "ASCII"=>"US-ASCII", "ANSI_X3.4-1986"=>"US-ASCII",
"SJIS"=>"Shift_JIS", "eucJP"=>"EUC-JP", "CP932"=>"Windows-31J"}...

Encoding.compatible?(obj1, obj2) -> Encoding | nil (2.0)

2つのオブジェクトのエンコーディングに関する互換性をチェックします。 互換性がある場合はそのエンコーディングを、 ない場合は nil を返します。

...文字列が取るであろう Encoding オブジェクトを返します。

Encoding
.compatible?("\xa1".force_encoding("iso-8859-1"), "b")
#=> #<Encoding:ISO-8859-1>

Encoding
.compatible?(
"\xa1".force_encoding("iso-8859-1"),
"\xa1\xa1".force_encoding("euc-jp"))
#=> nil

引数...
...も、両方のオブジェクトが encoding を持つ場合には
互換性を判定することができます。
Encoding
.compatible?(Encoding::UTF_8, Encoding::CP932)
# => nil
Encoding
.compatible?(Encoding::UTF_8, Encoding::US_ASCII)
# => #<Encoding:UTF-8>
@param obj1 チェック対象...

Encoding.default_external -> Encoding (2.0)

規定の外部エンコーディングを返します。

...nal は必ず設定されます。Encoding.locale_charmap が nil を返す場合には US-ASCII が、
ロケールにRubyが扱えないエンコーディングが指定されている場合には ASCII-8BIT が、default_external に設定されます。

@see locale(1), Encoding.locale_charmap...

Encoding.default_external=(encoding) (2.0)

規定の外部エンコーディングを設定します。

規定の外部エンコーディングを設定します。

Encoding.default_internal -> Encoding | nil (2.0)

規定の内部エンコーディングを返します。

規定の内部エンコーディングを返します。

絞り込み条件を変える

Encoding.default_internal=(encoding) (2.0)

規定の内部エンコーディングを設定します。

規定の内部エンコーディングを設定します。

Encoding.find(name) -> Encoding (2.0)

指定された name という名前を持つ Encoding オブジェクトを返します。

...指定された name という名前を持つ Encoding オブジェクトを返します。

@param name エンコーディング名を表す String を指定します。
@return 発見された Encoding オブジェクトを返します。
@raise ArgumentError 指定した名前のエンコーデ...
...グ名として、ロケールエンコーディングを表す locale、default_external を表す external、default_internal を表す internal、ファイルシステムエンコーディングを表す filesystem があります。

例:
p Encoding.find("utf-8") #=> #<Encoding:UTF-8>...

Encoding.list -> [Encoding] (2.0)

現在ロードされているエンコーディングのリストを返します。

...例:
Encoding
.list
=> [#<Encoding:ASCII-8BIT>, #<Encoding:EUC-JP>,
#<Encoding:Shift_JIS>, #<Encoding:UTF-8>,
#<Encoding:ISO-2022-JP (dummy)>]

Encoding
.find("US-ASCII")
=> #<Encoding:US-ASCII>

Encoding
.list
=> [#<Encoding:ASCII-8BIT>, #<Encoding:EUC-...
...JP>,
#<Encoding:Shift_JIS>, #<Encoding:UTF-8>,
#<Encoding:US-ASCII>, #<Encoding:ISO-2022-JP (dummy)>]...

Encoding.locale_charmap -> String | nil (2.0)

ロケールエンコーディングを決定するために用いる、locale charmap 名を返します。nl_langinfo 等がない環境では nil を、miniruby では ASCII_8BIT を返します。

...を返します。

Debian GNU/Linux
LANG=C
Encoding
.locale_charmap => "ANSI_X3.4-1968"
LANG=ja_JP.EUC-JP
Encoding
.locale_charmap => "EUC-JP"

SunOS 5
LANG=C
Encoding
.locale_charmap => "646"
LANG=ja
Encoding
.locale_charmap => "eucJP"

@see charmap(5)...

Encoding.name_list -> [String] (2.0)

利用可能なエンコーディングの名前を文字列の配列で返します。

...利用可能なエンコーディングの名前を文字列の配列で返します。

例:
p Encoding.name_list
#=> ["US-ASCII", "ASCII-8BIT", "UTF-8",
"ISO-8859-1", "Shift_JIS", "EUC-JP",
"Windows-31J",
"BINARY", "CP932", "eucJP", ...]...

絞り込み条件を変える