るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
28件ヒット [1-28件を表示] (0.014秒)
トップページ > クラス:Dir[x] > クエリ:glob[x] > ライブラリ:ビルトイン[x]

別のキーワード

  1. pathname glob
  2. dir glob
  3. shell glob
  4. _builtin glob

キーワード

検索結果

Dir.glob(pattern, flags = 0, base: nil) -> [String] (15195.0)

ワイルドカードの展開を行い、 パターンにマッチするファイル名を文字列の配列として返します。 パターンにマッチするファイルがない場合は空の配列を返します。

...このフラグを指定することでマッチの挙動を変更することができます。
//emlist{
Dir
.glob("*") #=> ["bar", "foo"]
Dir
.glob("*", File::FNM_DOTMATCH) #=> [".", "..", "bar", "foo"]
//}

@param base カレントディレクトリの代わり...
...# 一般的な例
p Dir.glob("*") #=> ["foo", "bar", "baz"]
p Dir.glob("./b*") #=> ["./bar", "./baz"] 先頭に "./" が付いている。
p Dir.glob("*/") #=> ["foo/"] ディレクトリのみにマッチする。
p Dir.glob("wrong_name") #=> []...
...す。

Dir
.glob("b*") {|f| p f }

#=> "bar"
"baz"

# 複数のパターンを指定する例
p Dir.glob("f*\0b*") # => ["foo", "bar"]
p Dir.glob(["f*", "b*"]) # => ["foo", "bar"]
p Dir["f*", "b*"] # => ["foo", "bar"]

# ワイルドカードの例
Dir
.glob("*")...

Dir.glob(pattern, flags = 0, base: nil) {|file| ...} -> nil (15195.0)

ワイルドカードの展開を行い、 パターンにマッチするファイル名を文字列の配列として返します。 パターンにマッチするファイルがない場合は空の配列を返します。

...このフラグを指定することでマッチの挙動を変更することができます。
//emlist{
Dir
.glob("*") #=> ["bar", "foo"]
Dir
.glob("*", File::FNM_DOTMATCH) #=> [".", "..", "bar", "foo"]
//}

@param base カレントディレクトリの代わり...
...# 一般的な例
p Dir.glob("*") #=> ["foo", "bar", "baz"]
p Dir.glob("./b*") #=> ["./bar", "./baz"] 先頭に "./" が付いている。
p Dir.glob("*/") #=> ["foo/"] ディレクトリのみにマッチする。
p Dir.glob("wrong_name") #=> []...
...す。

Dir
.glob("b*") {|f| p f }

#=> "bar"
"baz"

# 複数のパターンを指定する例
p Dir.glob("f*\0b*") # => ["foo", "bar"]
p Dir.glob(["f*", "b*"]) # => ["foo", "bar"]
p Dir["f*", "b*"] # => ["foo", "bar"]

# ワイルドカードの例
Dir
.glob("*")...

Dir.glob(pattern, flags = 0) -> [String] (15183.0)

ワイルドカードの展開を行い、 パターンにマッチするファイル名を文字列の配列として返します。 パターンにマッチするファイルがない場合は空の配列を返します。

...このフラグを指定することでマッチの挙動を変更することができます。
//emlist{
Dir
.glob("*") #=> ["bar", "foo"]
Dir
.glob("*", File::FNM_DOTMATCH) #=> [".", "..", "bar", "foo"]
//}


ワイルドカードには以下のものがあり...
...# 一般的な例
p Dir.glob("*") #=> ["foo", "bar", "baz"]
p Dir.glob("./b*") #=> ["./bar", "./baz"] 先頭に "./" が付いている。
p Dir.glob("*/") #=> ["foo/"] ディレクトリのみにマッチする。
p Dir.glob("wrong_name") #=> []...
...す。

Dir
.glob("b*") {|f| p f }

#=> "bar"
"baz"

# 複数のパターンを指定する例
p Dir.glob("f*\0b*") # => ["foo", "bar"]
p Dir.glob(["f*", "b*"]) # => ["foo", "bar"]
p Dir["f*", "b*"] # => ["foo", "bar"]

# ワイルドカードの例
Dir
.glob("*")...

Dir.glob(pattern, flags = 0) {|file| ...} -> nil (15183.0)

ワイルドカードの展開を行い、 パターンにマッチするファイル名を文字列の配列として返します。 パターンにマッチするファイルがない場合は空の配列を返します。

...このフラグを指定することでマッチの挙動を変更することができます。
//emlist{
Dir
.glob("*") #=> ["bar", "foo"]
Dir
.glob("*", File::FNM_DOTMATCH) #=> [".", "..", "bar", "foo"]
//}


ワイルドカードには以下のものがあり...
...# 一般的な例
p Dir.glob("*") #=> ["foo", "bar", "baz"]
p Dir.glob("./b*") #=> ["./bar", "./baz"] 先頭に "./" が付いている。
p Dir.glob("*/") #=> ["foo/"] ディレクトリのみにマッチする。
p Dir.glob("wrong_name") #=> []...
...す。

Dir
.glob("b*") {|f| p f }

#=> "bar"
"baz"

# 複数のパターンを指定する例
p Dir.glob("f*\0b*") # => ["foo", "bar"]
p Dir.glob(["f*", "b*"]) # => ["foo", "bar"]
p Dir["f*", "b*"] # => ["foo", "bar"]

# ワイルドカードの例
Dir
.glob("*")...

Dir.[](*pattern, base: nil) -> [String] (95.0)

ワイルドカードの展開を行い、 パターンにマッチするファイル名を文字列の配列として返します。 パターンにマッチするファイルがない場合は空の配列を返します。

...このフラグを指定することでマッチの挙動を変更することができます。
//emlist{
Dir
.glob("*") #=> ["bar", "foo"]
Dir
.glob("*", File::FNM_DOTMATCH) #=> [".", "..", "bar", "foo"]
//}

@param base カレントディレクトリの代わり...
...# 一般的な例
p Dir.glob("*") #=> ["foo", "bar", "baz"]
p Dir.glob("./b*") #=> ["./bar", "./baz"] 先頭に "./" が付いている。
p Dir.glob("*/") #=> ["foo/"] ディレクトリのみにマッチする。
p Dir.glob("wrong_name") #=> []...
...す。

Dir
.glob("b*") {|f| p f }

#=> "bar"
"baz"

# 複数のパターンを指定する例
p Dir.glob("f*\0b*") # => ["foo", "bar"]
p Dir.glob(["f*", "b*"]) # => ["foo", "bar"]
p Dir["f*", "b*"] # => ["foo", "bar"]

# ワイルドカードの例
Dir
.glob("*")...

絞り込み条件を変える

Dir.[](*pattern) -> [String] (83.0)

ワイルドカードの展開を行い、 パターンにマッチするファイル名を文字列の配列として返します。 パターンにマッチするファイルがない場合は空の配列を返します。

...このフラグを指定することでマッチの挙動を変更することができます。
//emlist{
Dir
.glob("*") #=> ["bar", "foo"]
Dir
.glob("*", File::FNM_DOTMATCH) #=> [".", "..", "bar", "foo"]
//}


ワイルドカードには以下のものがあり...
...# 一般的な例
p Dir.glob("*") #=> ["foo", "bar", "baz"]
p Dir.glob("./b*") #=> ["./bar", "./baz"] 先頭に "./" が付いている。
p Dir.glob("*/") #=> ["foo/"] ディレクトリのみにマッチする。
p Dir.glob("wrong_name") #=> []...
...す。

Dir
.glob("b*") {|f| p f }

#=> "bar"
"baz"

# 複数のパターンを指定する例
p Dir.glob("f*\0b*") # => ["foo", "bar"]
p Dir.glob(["f*", "b*"]) # => ["foo", "bar"]
p Dir["f*", "b*"] # => ["foo", "bar"]

# ワイルドカードの例
Dir
.glob("*")...

Dir.chroot(path) -> 0 (15.0)

ルートディレクトリを path に変更します。

...path ディレクトリのパスを文字列で指定します。

@raise Errno::EXXX 失敗した場合に発生します。

例:

p Dir.glob("*") #=> ["file1", "file2]
Dir
.chroot("./")
p Dir.glob("/*") #=> ["/file1", "/file2]

@see http://opengroup.org/onlinepubs/007908799/xsh/chroot.html...