るりまサーチ (Ruby 2.2.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
4件ヒット [1-4件を表示] (0.007秒)
トップページ > クラス:Complex[x] > クエリ:arg[x] > バージョン:2.2.0[x]

別のキーワード

  1. _builtin arg
  2. mkmf arg_config
  3. etc sc_arg_max
  4. float arg
  5. numeric arg

ライブラリ

キーワード

検索結果

Complex#arg -> Float (15157.0)

自身の偏角を[-π,π]の範囲で返します。

...ruby]{
Complex
.polar(3, Math::PI/2).arg # => 1.5707963267948966
//}

非正の実軸付近での挙動に注意してください。以下の例のように虚部が 0.0 と
-0.0 では値が変わります。

//emlist[例][ruby]{
Complex
(-1, 0).arg #=> 3.141592653589793
Complex
(-1, -...
...0).arg #=> 3.141592653589793
Complex
(-1, -0.0).arg #=> -3.141592653589793

Complex
(0, 0.0).arg #=> 0.0
Complex
(0, -0.0).arg #=> -0.0
Complex
(-0.0, 0).arg #=> 3.141592653589793
Complex
(-0.0, -0.0).arg #=> -3.141592653589793
//}


@see...

Complex#to_json(*args) -> String (102.0)

自身を JSON 形式の文字列に変換して返します。

自身を JSON 形式の文字列に変換して返します。

内部的にはハッシュにデータをセットしてから JSON::Generator::GeneratorMethods::Hash#to_json を呼び出しています。

@param args 使用しません。

@see JSON::Generator::GeneratorMethods::Hash#to_json

Complex#angle -> Float (57.0)

自身の偏角を[-π,π]の範囲で返します。

...ruby]{
Complex
.polar(3, Math::PI/2).arg # => 1.5707963267948966
//}

非正の実軸付近での挙動に注意してください。以下の例のように虚部が 0.0 と
-0.0 では値が変わります。

//emlist[例][ruby]{
Complex
(-1, 0).arg #=> 3.141592653589793
Complex
(-1, -...
...0).arg #=> 3.141592653589793
Complex
(-1, -0.0).arg #=> -3.141592653589793

Complex
(0, 0.0).arg #=> 0.0
Complex
(0, -0.0).arg #=> -0.0
Complex
(-0.0, 0).arg #=> 3.141592653589793
Complex
(-0.0, -0.0).arg #=> -3.141592653589793
//}


@see...

Complex#phase -> Float (57.0)

自身の偏角を[-π,π]の範囲で返します。

...ruby]{
Complex
.polar(3, Math::PI/2).arg # => 1.5707963267948966
//}

非正の実軸付近での挙動に注意してください。以下の例のように虚部が 0.0 と
-0.0 では値が変わります。

//emlist[例][ruby]{
Complex
(-1, 0).arg #=> 3.141592653589793
Complex
(-1, -...
...0).arg #=> 3.141592653589793
Complex
(-1, -0.0).arg #=> -3.141592653589793

Complex
(0, 0.0).arg #=> 0.0
Complex
(0, -0.0).arg #=> -0.0
Complex
(-0.0, 0).arg #=> 3.141592653589793
Complex
(-0.0, -0.0).arg #=> -3.141592653589793
//}


@see...