るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
45件ヒット [1-45件を表示] (0.009秒)
トップページ > クラス:Complex[x] > クエリ:Float[x]

別のキーワード

  1. _builtin float
  2. float to_d
  3. json float
  4. float rationalize
  5. fiddle type_float

ライブラリ

キーワード

検索結果

Complex#to_f -> Float (118.0)

自身を Float に変換します。

...自身を Float に変換します。

@raise RangeError 虚部が実数か、0 ではない場合に発生します。

例:

Complex
(3).to_f # => 3.0
Complex
(3.5).to_f # => 3.5
Complex
(3, 2).to_f # => RangeError...

Complex#abs -> Float (109.0)

自身の絶対値を返します。

...値を返します。

以下の計算の結果を Float オブジェクトで返します。

sqrt(self.real ** 2 + self.imag **2)

例:

Complex
(1, 2).abs # => 2.23606797749979
Complex
(3, 4).abs # => 5.0
Complex
('1/2', '1/2').abs # => 0.7071067811865476

@see Complex#abs2...

Complex#magnitude -> Float (109.0)

自身の絶対値を返します。

...値を返します。

以下の計算の結果を Float オブジェクトで返します。

sqrt(self.real ** 2 + self.imag **2)

例:

Complex
(1, 2).abs # => 2.23606797749979
Complex
(3, 4).abs # => 5.0
Complex
('1/2', '1/2').abs # => 0.7071067811865476

@see Complex#abs2...

Complex#angle -> Float (104.0)

自身の偏角を[-π,π]の範囲で返します。

...ます。

例:

Complex
.polar(3, Math::PI/2).arg # => 1.5707963267948966

非正の実軸付近での挙動に注意してください。以下の例のように虚部が 0.0 と
-0.0 では値が変わります。

Complex
(-1, 0).arg #=> 3.141592653589793
Complex
(-1, -0).arg...
...#=> 3.141592653589793
Complex
(-1, -0.0).arg #=> -3.141592653589793

Complex
(0, 0.0).arg #=> 0.0
Complex
(0, -0.0).arg #=> -0.0
Complex
(-0.0, 0).arg #=> 3.141592653589793
Complex
(-0.0, -0.0).arg #=> -3.141592653589793


@see Nu...

Complex#arg -> Float (104.0)

自身の偏角を[-π,π]の範囲で返します。

...ます。

例:

Complex
.polar(3, Math::PI/2).arg # => 1.5707963267948966

非正の実軸付近での挙動に注意してください。以下の例のように虚部が 0.0 と
-0.0 では値が変わります。

Complex
(-1, 0).arg #=> 3.141592653589793
Complex
(-1, -0).arg...
...#=> 3.141592653589793
Complex
(-1, -0.0).arg #=> -3.141592653589793

Complex
(0, 0.0).arg #=> 0.0
Complex
(0, -0.0).arg #=> -0.0
Complex
(-0.0, 0).arg #=> 3.141592653589793
Complex
(-0.0, -0.0).arg #=> -3.141592653589793


@see Nu...

絞り込み条件を変える

Complex#phase -> Float (104.0)

自身の偏角を[-π,π]の範囲で返します。

...ます。

例:

Complex
.polar(3, Math::PI/2).arg # => 1.5707963267948966

非正の実軸付近での挙動に注意してください。以下の例のように虚部が 0.0 と
-0.0 では値が変わります。

Complex
(-1, 0).arg #=> 3.141592653589793
Complex
(-1, -0).arg...
...#=> 3.141592653589793
Complex
(-1, -0.0).arg #=> -3.141592653589793

Complex
(0, 0.0).arg #=> 0.0
Complex
(0, -0.0).arg #=> -0.0
Complex
(-0.0, 0).arg #=> 3.141592653589793
Complex
(-0.0, -0.0).arg #=> -3.141592653589793


@see Nu...

Complex.generic?(other) -> bool (23.0)

other が Integer Float Rational クラスのオブジェクト かどうか判定します。

...other が Integer Float Rational クラスのオブジェクト
かどうか判定します。

@param other 判定対象のオブジェクト

@return Integer Float Rational クラスのオブジェクトの
時 trueそれ以外の場合には false を返します。...

Complex#fdiv(other) -> Complex (17.0)

self を other で割った商を返します。 実部と虚部が共に Float の値になります。

...商を返します。
実部と虚部が共に Float の値になります。

@param other 自身を割る数

例:

Complex
(11, 22).fdiv(3) # => (3.6666666666666665+7.333333333333333i)
Complex
(11, 22).quo(3) # => ((11/3)+(22/3)*i)

@see Complex#quo...