るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
42件ヒット [1-42件を表示] (0.027秒)
トップページ > クラス:Array[x] > クエリ:to_s[x]

別のキーワード

  1. _builtin to_s
  2. openssl to_der
  3. openssl to_s
  4. openssl to_pem
  5. _builtin to_a

ライブラリ

キーワード

検索結果

Array#to_s -> String (15108.0)

自身の情報を人間に読みやすい文字列にして返します。

...自身の情報を人間に読みやすい文字列にして返します。

[1, 2, 3, 4].to_s # => "[1, 2, 3, 4]"
[1, 2, 3, 4].inspect # => "[1, 2, 3, 4]"...

Array#inspect -> String (8.0)

自身の情報を人間に読みやすい文字列にして返します。

...自身の情報を人間に読みやすい文字列にして返します。

[1, 2, 3, 4].to_s # => "[1, 2, 3, 4]"
[1, 2, 3, 4].inspect # => "[1, 2, 3, 4]"...

Array#join(sep = $,) -> String (7.0)

配列の要素を文字列 sep を間に挟んで連結した文字列を返します。

...の要素を文字列 sep を間に挟んで連結した文字列を返します。

文字列でない要素に対しては、to_str があれば to_str、なければ to_s した結果を連結します。
要素がまた配列であれば再帰的に (同じ sep を利用して)
join した文字...
...[...]]
p ary.join # => ArgumentError: recursive array join

@param sep 間に挟む文字列を指定します。nil のときは空文字列を使います。
文字列以外のオブジェクトを指定した場合は to_str メソッドによ
る暗黙の型変換...
...ジェクト
を指定した場合に発生します。

@raise ArgumentError 配列要素が自身を含むような無限にネストした配列に対
して join を呼んだ場合に発生します。

[1, 2, 3].join('-') #=> "1-2-3"

@see Array#*, $,...

Array#uniq -> Array (7.0)

uniq は配列から重複した要素を取り除いた新しい配列を返します。 uniq! は削除を破壊的に行い、削除が行われた場合は self を、 そうでなければnil を返します。

...3, 2, 2, 3].uniq # => [1, 3, 2]

ブロックが与えられた場合、ブロックが返した値が重複した要素を取り除いた
配列を返します。

p [1, 3, 2, "2", "3"].uniq # => [1, 3, 2, "2", "3"]
p [1, 3, 2, "2", "3"].uniq { |n| n.to_s } # => [1, 3, 2]...

Array#uniq {|item| ... } -> Array (7.0)

uniq は配列から重複した要素を取り除いた新しい配列を返します。 uniq! は削除を破壊的に行い、削除が行われた場合は self を、 そうでなければnil を返します。

...3, 2, 2, 3].uniq # => [1, 3, 2]

ブロックが与えられた場合、ブロックが返した値が重複した要素を取り除いた
配列を返します。

p [1, 3, 2, "2", "3"].uniq # => [1, 3, 2, "2", "3"]
p [1, 3, 2, "2", "3"].uniq { |n| n.to_s } # => [1, 3, 2]...

絞り込み条件を変える

Array#uniq! -> self | nil (7.0)

uniq は配列から重複した要素を取り除いた新しい配列を返します。 uniq! は削除を破壊的に行い、削除が行われた場合は self を、 そうでなければnil を返します。

...3, 2, 2, 3].uniq # => [1, 3, 2]

ブロックが与えられた場合、ブロックが返した値が重複した要素を取り除いた
配列を返します。

p [1, 3, 2, "2", "3"].uniq # => [1, 3, 2, "2", "3"]
p [1, 3, 2, "2", "3"].uniq { |n| n.to_s } # => [1, 3, 2]...

Array#uniq! {|item| ... } -> self | nil (7.0)

uniq は配列から重複した要素を取り除いた新しい配列を返します。 uniq! は削除を破壊的に行い、削除が行われた場合は self を、 そうでなければnil を返します。

...3, 2, 2, 3].uniq # => [1, 3, 2]

ブロックが与えられた場合、ブロックが返した値が重複した要素を取り除いた
配列を返します。

p [1, 3, 2, "2", "3"].uniq # => [1, 3, 2, "2", "3"]
p [1, 3, 2, "2", "3"].uniq { |n| n.to_s } # => [1, 3, 2]...