るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
36件ヒット [1-36件を表示] (0.012秒)
トップページ > クラス:Array[x] > クエリ:slice[x]

別のキーワード

  1. _builtin slice
  2. _builtin slice!
  3. string slice
  4. string slice!
  5. _builtin slice_before

ライブラリ

検索結果

Array#slice(nth) -> object | nil (18125.0)

指定された自身の要素を返します。Array#[] と同じです。

...された自身の要素を返します。Array#[] と同じです。

@param nth 要素のインデックスを整数で指定します。Array#[] と同じです。

例:

p [0, 1, 2].slice(1) #=> 1
p [0, 1, 2].slice(2) #=> 2
p [0, 1, 2].slice(10) #=> nil...

Array#slice(pos, len) -> Array | nil (18125.0)

指定された自身の部分配列を返します。Array#[] と同じです。

...配列を返します。Array#[] と同じです。

@param pos Array#[] と同じです。

@param len Array#[] と同じです。

@param range Array#[] と同じです。

例:

p [0, 1, 2].slice(0, 2) #=> [0, 1]
p [0, 1, 2].slice(2..3) #=> [2]
p [0, 1, 2].slice(10, 1) #=> nil...

Array#slice(range) -> Array | nil (18125.0)

指定された自身の部分配列を返します。Array#[] と同じです。

...配列を返します。Array#[] と同じです。

@param pos Array#[] と同じです。

@param len Array#[] と同じです。

@param range Array#[] と同じです。

例:

p [0, 1, 2].slice(0, 2) #=> [0, 1]
p [0, 1, 2].slice(2..3) #=> [2]
p [0, 1, 2].slice(10, 1) #=> nil...

Array#slice!(nth) -> object | nil (6124.0)

指定した要素を自身から取り除き、取り除いた要素を返します。取り除く要素がなければ nil を返します。

...ます。

@param nth 取り除く要素のインデックスを整数で指定します。

例:

a = [ "a", "b", "c" ]
a.slice!(1) #=> "b"
a #=> ["a", "c"]
a.slice!(-1) #=> "c"
a #=> ["a"]
a.slice!(100) #=> nil
a #=> ["a"]...

Array#slice!(range) -> Array | nil (6119.0)

指定した部分配列を自身から取り除き、取り除いた部分配列を返します。取り除く要素がなければ nil を返します。

...@param range 削除したい配列の範囲を Range オブジェクトで指定します。

例:

a = [ "a", "b", "c" ]
a.slice!(1, 2) #=> ["b", "c"]
a #=> ["a"]

a = [ "a", "b", "c" ]
a.slice!(1, 0) #=> []
a #=> [ "a", "b", "c" ]...

絞り込み条件を変える

Array#slice!(start, len) -> Array | nil (6119.0)

指定した部分配列を自身から取り除き、取り除いた部分配列を返します。取り除く要素がなければ nil を返します。

...@param range 削除したい配列の範囲を Range オブジェクトで指定します。

例:

a = [ "a", "b", "c" ]
a.slice!(1, 2) #=> ["b", "c"]
a #=> ["a"]

a = [ "a", "b", "c" ]
a.slice!(1, 0) #=> []
a #=> [ "a", "b", "c" ]...