るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
929件ヒット [1-100件を表示] (0.020秒)
トップページ > クラス:Array[x] > クエリ:array[x]

別のキーワード

  1. array fill
  2. array []
  3. array sample
  4. array new
  5. array []=

ライブラリ

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Array#difference(*other_arrays) -> Array (9208.0)

自身から other_arrays の要素を取り除いた配列を生成して返します。

...自身から other_arrays の要素を取り除いた配列を生成して返します。

要素の同一性は Object#hash と Object#eql? により評価されます。
self 中で重複していて、other_arrays中に存在していなかった要素は、その重複が保持されます。...
...要素の順と同じです。

//emlist[][ruby]{
[ 1, 1, 2, 2, 3, 3, 4, 5 ].difference([ 1, 2, 4 ]) # => [ 3, 3, 5 ]
[ 1, 'c', :s, 'yep' ].difference([ 1 ], [ 'a', 'c' ]) # => [:s, "yep"]
//}

集合のような振る舞いが必要なら Set も参照してください。

@see Array#-...

Array#union(*other_arrays) -> Array (9208.0)

集合の和演算です。self と other_arrays の配列にどれかに含まれる要素を 全て含む新しい配列を返します。重複する要素は取り除かれます。

...算です。self と other_arrays の配列にどれかに含まれる要素を
全て含む新しい配列を返します。重複する要素は取り除かれます。

要素の重複判定は、Object#eql? と Object#hash により行われます。

@param other_arrays 0個以上の配列を...
...指定します。

//emlist[][ruby]{
["a", "b", "c"].union([ "c", "d", "a" ]) #=> ["a", "b", "c", "d"]
["a"].union(["e", "b"], ["a", "c", "b"]) #=> ["a", "e", "b", "c"]
["a"].union # => ["a"]
//}

@see Array#|...

Array#pop(n) -> Array (9180.0)

自身の末尾から要素を取り除いてそれを返します。 引数を指定した場合はその個数だけ取り除き、それを配列で返します。

...例:
array
= [1, [2, 3], 4]
p array.pop # => 4
p array.pop # => [2, 3]
p array # => [1]

p array.pop # => 1
p array.pop # => nil
p array # => []
array
= [1, 2, 3]
p array.pop(2) #=> [2, 3]
p array...
...#=> [1]

@see Array#push, Array#shift, Array#unshift...

Array#to_a -> Array (9164.0)

self を返します。ただし、Array のサブクラスのインスタンスに対して呼ばれた時は、 自身を Array に変換したものを返します。

...Array のサブクラスのインスタンスに対して呼ばれた時は、
自身を Array に変換したものを返します。

例:

class SubArray < Array; end
ary1 = Array([1, 2, 3, 4])
ary2 = SubArray([1, 2, 3, 4])

ary1.to_a # => [1, 2, 3, 4]
ary1.to_a.class # => Array...
...ary2.to_a # => [1, 2, 3, 4]
ary2.to_a.class # => Array

@see Array#to_ary...

Array#slice(pos, len) -> Array | nil (9139.0)

指定された自身の部分配列を返します。Array#[] と同じです。

...指定された自身の部分配列を返します。Array#[] と同じです。

@param pos Array#[] と同じです。

@param len Array#[] と同じです。

@param range Array#[] と同じです。

例:

p [0, 1, 2].slice(0, 2) #=> [0, 1]
p [0, 1, 2].slice(2..3) #=> [2]
p [0,...

絞り込み条件を変える

Array#slice(range) -> Array | nil (9139.0)

指定された自身の部分配列を返します。Array#[] と同じです。

...指定された自身の部分配列を返します。Array#[] と同じです。

@param pos Array#[] と同じです。

@param len Array#[] と同じです。

@param range Array#[] と同じです。

例:

p [0, 1, 2].slice(0, 2) #=> [0, 1]
p [0, 1, 2].slice(2..3) #=> [2]
p [0,...

Array.new(ary) -> Array (9135.0)

指定された配列 ary を複製して返します。 Array#dup 同様 要素を複製しない浅い複製です。

...れた配列 ary を複製して返します。
Array
#dup 同様 要素を複製しない浅い複製です。

@param ary 複製したい配列を指定します。

例:

p Array.new([1,2,3]) # => [1,2,3]

a = ["a", "b", "c"]
b = Array.new(a)
a.each{|s| s.capitalize! }
p a...

Array.try_convert(obj) -> Array | nil (9126.0)

to_ary メソッドを用いて obj を配列に変換しようとします。

...引数が配列であるかどうかを調べるために使えます。

例:

Array
.try_convert([1]) # => [1]
Array
.try_convert("1") # => nil

if tmp = Array.try_convert(arg)
# the argument is an array
elsif tmp = String.try_convert(arg)
# the argument is a string
end...

Array#shift(n) -> Array (9120.0)

配列の先頭の要素を取り除いてそれを返します。 引数を指定した場合はその個数だけ取り除き、それを配列で返します。

...ます。

@raise ArgumentError 引数に負の数を指定した場合に発生します。



例:

a = [0, 1, 2, 3, 4]
p a.shift #=> 0
p a #=> [1, 2, 3, 4]

p [].shift #=> nil
p [].shift(1) #=> []

@see Array#push, Array#pop, Array#unshift...

Array.[](*item) -> Array (9120.0)

引数 item を要素として持つ配列を生成して返します。

...ます。

Array
のサブクラスを作成したしたときに、そのサブクラスのインスタンスを作成
しやすくするために用意されている。

@param item 配列の要素を指定します。

例:

Array
[1, 2, 3] #=> [1, 2, 3]

class SubArray < Array
# ......
...end
p SubArray[1, 2, 3] # => [1, 2, 3]...

絞り込み条件を変える

Array.new(size) {|index| ... } -> Array (9120.0)

長さ size の配列を生成し、各要素のインデックスを引数としてブロックを実行し、 各要素の値をブロックの評価結果に設定します。

...きます。

@param size 配列の長さを数値で指定します。

例:
ary = Array.new(3){|index| "hoge#{index}"}
p ary #=> ["hoge0", "hoge1", "hoge2"]

例:

ary = Array.new(3){ "foo" }
p ary #=> ["foo", "foo", "foo"]
ary[0].capit...

Array.new(size = 0, val = nil) -> Array (9115.0)

長さ size の配列を生成し、各要素を val で初期化して返します。

...指します。

@param size 配列の長さを数値で指定します。

@param val 配列の要素の値を指定します。

例:

ary = Array.new(3, "foo")
p ary #=> ["foo", "foo", "foo"]
ary[0].capitalize!
p ary #=> ["Foo", "Foo", "Foo"...

Array#combination(n) {|c| block } -> Array (9114.0)

サイズ n の組み合わせをすべて生成し、それを引数としてブロックを実行します。

...],[3,4]]
a.combination(3).to_a #=> [[1,2,3],[1,2,4],[1,3,4],[2,3,4]]
a.combination(4).to_a #=> [[1,2,3,4]]
a.combination(0).to_a #=> [[]]: one combination of length 0
a.combination(5).to_a #=> [] : no combinations of length 5

@see Array#permutation, Array#repeated_combination...

Array#permutation(n = self.length) { |p| block } -> Array (9114.0)

サイズ n の順列をすべて生成し,それを引数としてブロックを実行します。

...1,2],[1,3],[2,1],[2,3],[3,1],[3,2]]
a.permutation(3).to_a #=> [[1,2,3],[1,3,2],[2,1,3],[2,3,1],[3,1,2],[3,2,1]]
a.permutation(0).to_a #=> [[]]: one permutation of length 0
a.permutation(4).to_a #=> [] : no permutations of length 4

@see Array#combination, Array#repeated_permutation...

Array#repeated_combination(n) { |c| ... } -> Array (9114.0)

サイズ n の重複組み合わせをすべて生成し、それを引数としてブロックを実行 します。

...# [1,1,3,3],[1,2,2,2],[1,2,2,3],[1,2,3,3],[1,3,3,3],
# [2,2,2,2],[2,2,2,3],[2,2,3,3],[2,3,3,3],[3,3,3,3]]
a.repeated_combination(0).to_a #=> [[]] # one combination of length 0

@see Array#repeated_permutation, Array#combination...

絞り込み条件を変える

Array#repeated_permutation(n) { |p| ... } -> Array (9114.0)

サイズ n の重複順列をすべて生成し,それを引数としてブロックを実行します。

...[1,1],[1,2],[2,1],[2,2]]
a.repeated_permutation(3).to_a #=> [[1,1,1],[1,1,2],[1,2,1],[1,2,2],
# [2,1,1],[2,1,2],[2,2,1],[2,2,2]]
a.repeated_permutation(0).to_a #=> [[]] # one permutation of length 0

@see Array#repeated_combination, Array#permutation...

Array#|(other) -> Array (9114.0)

集合の和演算です。両方の配列にいずれかに含まれる要素を全て含む新し い配列を返します。重複する要素は取り除かれます。

...によ
る暗黙の型変換を試みます。

@raise TypeError 引数に配列以外の(暗黙の型変換が行えない)オブジェクトを
指定した場合に発生します。

[1, 1, 4, 2, 3] | [5, 4, 5] #=> [1, 4, 2, 3, 5]

@see Array#&
@see Array#union...

Array#concat(*other_arrays) -> self (9110.0)

other_arrays の要素を自身の末尾に破壊的に連結します。

...other_arrays の要素を自身の末尾に破壊的に連結します。

@param other_arrays 自身と連結したい配列を指定します。

[ "a", "b" ].concat( ["c", "d"] ) #=> [ "a", "b", "c", "d" ]
[ "a" ].concat( ["b"], ["c", "d"] ) #=> [ "a", "b", "c", "d" ]
[ "a" ].concat...
...#=> [ "a" ]

a = [ 1, 2, 3 ]
a.concat( [ 4, 5 ] )
a #=> [ 1, 2, 3, 4, 5 ]

a = [ 1, 2 ]
a.concat(a, a) #=> [1, 2, 1, 2, 1, 2]

see Array#+...

Array#first(n) -> Array (9109.0)

先頭の n 要素を配列で返します。n は 0 以上でなければなりません。

...合に発生します。

@raise ArgumentError n が負値の場合発生します。

ary = [0, 1, 2]
p ary.first(0)
p ary.first(1)
p ary.first(2)
p ary.first(3)
p ary.first(4)
# => []
[0]
[0, 1]
[0, 1, 2]
[0, 1, 2]

@see Array#last...

Array#last(n) -> Array (9109.0)

末尾の n 要素を配列で返します。n は 0 以上でなければなりません。

...場合に発生します。

@raise ArgumentError n が負値の場合発生します。

ary = [0, 1, 2]
p ary.last(0)
p ary.last(1)
p ary.last(2)
p ary.last(3)
p ary.last(4)
# => []
[2]
[1, 2]
[0, 1, 2]
[0, 1, 2]

@see Array#first...

絞り込み条件を変える

<< 1 2 3 ... > >>