るりまサーチ (Ruby 2.4.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
3件ヒット [1-3件を表示] (0.067秒)
トップページ > クラス:ARGF.class[x] > ライブラリ:ビルトイン[x] > バージョン:2.4.0[x] > クエリ:IO#read_nonblock[x]

別のキーワード

  1. each io#each
  2. each_line io#each
  3. read io#read
  4. open io#seek
  5. each io#gets

検索結果

ARGF.class#read_nonblock(maxlen) -> String (20.0)

処理中のファイルからノンブロッキングモードで最大 maxlen バイト読み込みます。 第二の形式では読み込んだデータを outbuf に破壊的に格納してそれを返します。 詳しくは IO#read_nonblock を参照してください。

...み込んだデータを outbuf に破壊的に格納してそれを返します。
詳しくは IO#read_nonblock を参照してください。

ARGF.class
#read などとは違って複数ファイルを同時に読み込むことはありません。

@param maxlen 読み込む長さの上限を...
...::EWOULDBLOCK が発生する代わりに
:wait_readable を返すかどうかを指定します。また、false
を指定した場合は既に EOF に達していれば
EOFError の代わりに nil を返します。

@see ARGF.class#readpartial...

ARGF.class#read_nonblock(maxlen, outbuf) -> String (20.0)

処理中のファイルからノンブロッキングモードで最大 maxlen バイト読み込みます。 第二の形式では読み込んだデータを outbuf に破壊的に格納してそれを返します。 詳しくは IO#read_nonblock を参照してください。

...み込んだデータを outbuf に破壊的に格納してそれを返します。
詳しくは IO#read_nonblock を参照してください。

ARGF.class
#read などとは違って複数ファイルを同時に読み込むことはありません。

@param maxlen 読み込む長さの上限を...
...::EWOULDBLOCK が発生する代わりに
:wait_readable を返すかどうかを指定します。また、false
を指定した場合は既に EOF に達していれば
EOFError の代わりに nil を返します。

@see ARGF.class#readpartial...

ARGF.class#read_nonblock(maxlen, outbuf, exception: true) -> String (20.0)

処理中のファイルからノンブロッキングモードで最大 maxlen バイト読み込みます。 第二の形式では読み込んだデータを outbuf に破壊的に格納してそれを返します。 詳しくは IO#read_nonblock を参照してください。

...み込んだデータを outbuf に破壊的に格納してそれを返します。
詳しくは IO#read_nonblock を参照してください。

ARGF.class
#read などとは違って複数ファイルを同時に読み込むことはありません。

@param maxlen 読み込む長さの上限を...
...::EWOULDBLOCK が発生する代わりに
:wait_readable を返すかどうかを指定します。また、false
を指定した場合は既に EOF に達していれば
EOFError の代わりに nil を返します。

@see ARGF.class#readpartial...