Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > SystemCallErrorクラス > new

singleton method SystemCallError.new

new(error_message) -> SystemCallError[permalink][rdoc]

SystemCallError オブジェクトを生成して返します。

[PARAM] error_message:
エラーメッセージを表す文字列

例:

p SystemCallError.new("message")
    # => #<SystemCallError: unknown error - message>
new(error_message, errno) -> SystemCallError[permalink][rdoc]
new(errno) -> SystemCallError

整数 errno に対応する Errno::EXXX オブジェクトを生成して返します。

整数 errno をシステムコールで発生したエラーの原因を示すコードであると解釈し、 対応する例外クラスのインスタンスを生成して返します。

生成されるオブジェクトは SystemCallError の直接のインスタンスではなく、サブクラスのインスタンスです。 それらのサブクラスは Errno モジュール内に定義されています。 対応するサブクラスが存在しないコードを与えた場合には、 SystemCallError の直接のインスタンスが生成されます。

エラーコードの取り得る値および意味はシステムに依存します。詳しくは Errno::EXXX を参照してください。

[PARAM] error_message:
エラーメッセージを表す文字列
[PARAM] errno:
システム依存のエラーコード
[EXCEPTION] TypeError:
errno を整数に変換できないときに発生します。
[EXCEPTION] RangeError:
errno が Fixnum で表せる範囲を超えるときに発生します。

例:

p SystemCallError.new("message", 2)
    # => #<Errno::ENOENT: No such file or directory - message>
p SystemCallError.new(2)
    # => #<Errno::ENOENT: No such file or directory>
p SystemCallError.new(256)
    # => #<SystemCallError: Unknown error 256>