Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > psychライブラリ > Psych::Visitors::YAMLTreeクラス > new

singleton method Psych::Visitors::YAMLTree.new

new(options = {}, emitter = Psych::TreeBuilder.new, ss = Psych::ScalarScanner.new) -> Psych::Visitors::YAMLTree[permalink][rdoc]

YAMLTree オブジェクトを生成します。

options には構築される YAML AST に設定されるオプション設定を指定します。 Psych.dump と同じオプションが指定できます。

emitter には AST の構築に使われる Psych::TreeBuilder オブジェクト を渡します。

ss は Ruby の String が YAML document 上で quote が必要かどうか を判定するための Psych::ScalarScanner オブジェクトを渡します。

emitter, ss は通常デフォルトのものから変える必要はないでしょう。

[PARAM] options:
オプション
[PARAM] emitter:
AST の構築に使う Psych::TreeBuilder オブジェクト
[PARAM] ss:
文字列に quite が必要かどうかを判定するための Psych::ScalarScanner オブジェクト