Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > nkfライブラリ > NKFモジュール > nkf

module function NKF.#nkf

nkf(opt, str) -> String[permalink][rdoc]

文字列 str の文字コードを変換し、変換結果の文字列を返します。

opt には、nkf と同じコマンドラインオプションを指定します。 オプション文字列は NKF のオプション文字列の項を 見てください。 オプションを複数指定する場合は、NKF.nkf('-Se', str) や NKF.nkf('-S -e', str) などとします。optは、必ず '-' で始めなければいけないことに注意してください。

[PARAM] opt:
オプション文字列です。
[PARAM] str:
変換対象の文字列です。

注意

このメソッドは(nkf コマンドがそうであるように)、MIME Base64 の デコード処理がデフォルトでオンになっています。この動作を無効にしたけ れば opt に '-m0' を含めてください。