Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Methodクラス > arity

instance method Method#arity

arity -> Integer[permalink][rdoc]

メソッドが受け付ける引数の数を返します。

ただし、メソッドが可変長引数を受け付ける場合、負の整数

-(必要とされる引数の数 + 1)

を返します。C 言語レベルで実装されたメソッドが可変長引数を 受け付ける場合、-1 を返します。

例:

class C
  def u;               end
  def v(a);            end
  def w(*a);           end
  def x(a, b);         end
  def y(a, b, *c);     end
  def z(a, b, *c, &d); end
end

c = C.new
p c.method(:u).arity     #=> 0
p c.method(:v).arity     #=> 1
p c.method(:w).arity     #=> -1
p c.method(:x).arity     #=> 2
p c.method(:y).arity     #=> -3
p c.method(:z).arity     #=> -3

s = "xyz"
s.method(:size).arity      #=> 0
s.method(:replace).arity   #=> 1
s.method(:squeeze).arity   #=> -1
s.method(:count).arity     #=> -1