Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Marshalモジュール > MAJOR_VERSION

constant Marshal::MAJOR_VERSION

MAJOR_VERSION -> Fixnum[permalink][rdoc]
MINOR_VERSION -> Fixnum

Marshal.#dump が出力するデータフォーマットのバージョン番号です。

Marshal.#load は、メジャーバージョンが異なるか、バージョンの大きな マーシャルデータを読み込んだとき例外 TypeError を発生させます。

マイナーバージョンが古いだけのフォーマットは読み込み可能ですが、 $VERBOSE = true のときには警告メッセージが出力されます

マーシャルされたデータのバージョン番号は以下のようにして取得するこ とができます。

obj = Object.new
major, minor = Marshal.dump(obj).unpack("cc")
p [major, minor]