Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Enumerator::Lazyクラス > enum_for

instance method Enumerator::Lazy#enum_for

to_enum(method = :each, *args) -> Enumerator::Lazy[permalink][rdoc]
enum_for(method = :each, *args) -> Enumerator::Lazy
to_enum(method = :each, *args) {|*args| block} -> Enumerator::Lazy
enum_for(method = :each, *args) {|*args| block} -> Enumerator::Lazy

Object#to_enum と同じですが、Enumerator::Lazy を返します。

to_enum は「ブロック付きで呼ぶとループを実行し、ブロックを省略した場合は Enumerator を返す」ようなメソッドを定義するときによく使われます。 このときに lazy 性が正しく引き継がれるように、Lazy#to_enum は 素のEnumerator ではなく Enumerator::Lazy を返すようになっています。

例:

module Enumerable
  # 要素をn回ずつ繰り返すメソッド
  # 例:[1,2,3].repeat(2)  #=> [1,1,2,2,3,3]
  def repeat(n)
    raise ArgumentError if n < 0
    if block_given?
      each do |*val|
        n.times { yield *val }
      end
    else
      to_enum(:repeat, n)
    end
  end
end

r = 1..10
p r.map{|n| n**2}.repeat(2).first(5)
#=> [1, 1, 4, 4, 9]

r = 1..Float::INFINITY
p r.lazy.map{|n| n**2}.repeat(2).first(5)
#=> [1, 1, 4, 4, 9]

# Lazy#to_enum のおかげで、repeat の返り値は
# もとが Enumerator のときは Enumerator に、
# もとが Lazy のときは Lazy になる