Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Complexクラス > angle

instance method Complex#angle

arg -> Float[permalink][rdoc]
angle -> Float
phase -> Float

自身の偏角を[-π,π]の範囲で返します。

例:

Complex.polar(3, Math::PI/2).arg # => 1.5707963267948966

非正の実軸付近での挙動に注意してください。以下の例のように虚部が 0.0 と -0.0 では値が変わります。

Complex(-1, 0).arg              #=>  3.141592653589793
Complex(-1, -0).arg             #=>  3.141592653589793
Complex(-1, -0.0).arg           #=> -3.141592653589793

Complex(0, 0.0).arg             #=>  0.0
Complex(0, -0.0).arg            #=> -0.0
Complex(-0.0, 0).arg            #=>  3.141592653589793
Complex(-0.0, -0.0).arg         #=> -3.141592653589793

[SEE_ALSO] Numeric#arg