Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > csvライブラリ > CSVクラス > new

singleton method CSV.new

new(data, options = Hash.new) -> CSV[permalink][rdoc]

このメソッドは CSV ファイルを読み込んだり、書き出したりするために StringIO のインスタンスをラップします。

ラップされた文字列の先頭から読み込むことになります。 文字列に追記したい場合は CSV.generate を使用してください。 他の位置から処理したい場合はあらかじめそのように設定した StringIO を渡してください。

[PARAM] data:
StringIO のインスタンスを指定します。 String のインスタンスを指定した場合、CSV#string を使用して 後からデータを取り出すことが出来ます。
[PARAM] options:
CSV をパースするためのオプションをハッシュで指定します。 パフォーマンス上の理由でインスタンスメソッドではオプションを上書きすることが 出来ないので、上書きしたい場合は必ずここで上書きするようにしてください。
:col_sep

フィールドの区切り文字列を指定します。この文字列はパースする前にデータの エンコーディングに変換されます。

:row_sep

行区切りの文字列を指定します。:auto という特別な値をセットすることができます。 :auto を指定した場合データから自動的に行区切りの文字列を見つけ出します。このとき データの先頭から次の "\r\n", "\n", "\r" の並びまでを読みます。 A sequence will be selected even if it occurs in a quoted field, assuming that you would have the same line endings there. If none of those sequences is found, +data+ is ARGF, Object::STDIN, Object::STDOUT, or Object::STDERR, or the stream is only available for output, the default $INPUT_RECORD_SEPARATOR ($/) is used. Obviously, discovery takes a little time. Set manually if speed is important. Also note that IO objects should be opened in binary mode on Windows if this feature will be used as the line-ending translation can cause problems with resetting the document position to where it was before the read ahead. This String will be transcoded into the data's Encoding before parsing.

:quote_char

フィールドをクオートする文字を指定します。長さ 1 の文字列でなければなりません。 正しいダブルクオートではなく間違ったシングルクオートを使用しているアプリケーション で便利です。 CSV will always consider a double sequence this character to be an escaped quote. この文字列はパースする前にデータのエンコーディングに変換されます。

:field_size_limit

This is a maximum size CSV will read ahead looking for the closing quote for a field. (In truth, it reads to the first line ending beyond this size.) If a quote cannot be found within the limit CSV will raise a MalformedCSVError, assuming the data is faulty. You can use this limit to prevent what are effectively DoS attacks on the parser. However, this limit can cause a legitimate parse to fail and thus is set to +nil+, or off, by default.

:converters

CSV::Converters から取り出した名前の配列です。変換器が一つだけ の場合は配列に格納する必要はありません。 全ての組み込みの変換器は、値を変換する前に UTF-8 にエンコーディング変 換を試みます。エンコーディング変換に失敗した場合はフィールドは変換さ れません。

:unconverted_fields

真をセットすると CSV::Row#unconverted_fields という変換前のフィー ルドを返すメソッドを全ての行に追加します。headers オプションによって 追加したヘッダはフィールドではないので CSV::Row#unconverted_fields は空の配列を返します。

:headers

:first_row というシンボルか真を指定すると、CSV ファイルの一行目をヘッダとして扱います。 配列を指定するとそれをヘッダとして扱います。文字列を指定すると CSV.parse_line を 使用してパースした結果をヘッダとして扱います。このとき、:col_sep, :row_sep, :quote_char はこのインスタンスと同じものを使用します。この設定は CSV#shift の返り値を配列のかわりに CSV::Row のインスタンスに変更します。 CSV#read の返り値を配列の配列のかわりに CSV::Table のイン スタンスに変更します。

:return_headers

偽を指定すると、ヘッダ行を無視します。真を指定すると、ヘッダ行を ヘッダと値が同一の CSV::Row のインスタンスとして返します。

:write_headers

真を指定して :headers にも値をセットすると、ヘッダを出力します。

:header_converters

:converters オプションに似ていますが、ヘッダ専用の変換器を定義します。 全ての組み込みの変換器は、値を変換する前に UTF-8 にエンコーディング変 換を試みます。エンコーディング変換に失敗した場合はヘッダは変換されま せん。

:skip_blanks

真を指定すると、空行を読み飛ばします。

:force_quotes

真を指定すると、全てのフィールドを作成時にクオートします。

:skip_lines

指定した正規表現にマッチしたそれぞれの行をコメントとして読み飛ばします。

[EXCEPTION] CSV::MalformedCSVError:
不正な CSV をパースしようとしたときに発生します。
例: ファイルの読み込み

require "csv"

users =<<-EOS
id,first name,last name,age
1,taro,tanaka,20
2,jiro,suzuki,18
3,ami,sato,19
4,yumi,adachi,21
EOS

File.write("test.csv", users)

File.open("test.csv", "r") do |f|
  csv = CSV.new(f, headers: true)
  csv.class # => CSV
  csv.first # => #<CSV::Row "id":"1" "first name":"taro" "last name":"tanaka" "age":"20">
end
例 文字列の読み込み

require "csv"

users =<<-EOS
id|first name|last name|age
1|taro|tanaka|20
2|jiro|suzuki|18
3|ami|sato|19
4|yumi|adachi|21
EOS

csv = CSV.new(users, { headers: true, col_sep: "|" })
p csv.class # => CSV
p csv.first # => #<CSV::Row "id":"1" "first name":"taro" "last name":"tanaka" "age":"20">

[SEE_ALSO] CSV::DEFAULT_OPTIONS, CSV.open