Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > ARGF.classクラス > getc

instance method ARGF.class#getc

getc -> String | nil[permalink][rdoc]

self から 1 文字読み込んで返します。EOF に到達した時には nil を返します。

ARGF はスクリプトに指定した引数(Object::ARGV を参照) をファイル名 とみなして、それらのファイルを連結した 1 つの仮想ファイルを表すオブジェ クトです。そのため、最初のファイルを最後まで読んだ後は次のファイルの内 容を返します。

$ echo "foo" > file1
$ echo "bar" > file2
$ ruby argf.rb file1 file2

ARGF.getc # => "f"
ARGF.getc # => "o"
ARGF.getc # => "o"
ARGF.getc # => "\n"
ARGF.getc # => "b"
ARGF.getc # => "a"
ARGF.getc # => "r"
ARGF.getc # => "\n"
ARGF.getc # => nil

[SEE_ALSO] ARGF.class#getbyte, ARGF.class#gets