Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > uriライブラリ > URIモジュール

module URI

クラスの継承リスト: URI

要約

URI を扱うためのモジュールです。

特異メソッド

定義 説明
unescape(str) -> String
decode(str) -> String

URI 文字列をデコードした文字列を返します。

decode_www_form(str, enc=Encoding::UTF_8) -> [[String, String]]

文字列から URL-encoded form data をデコードします。

decode_www_form_component(str, enc=Encoding::UTF_8) -> String

URL-encoded form data の文字列の各コンポーネント をデコードした文字列を返します。

escape(str, unsafe = URI::UNSAFE) -> String
encode(str, unsafe = URI::UNSAFE) -> String

URI 文字列をエンコードした文字列を返します。

encode_www_form(enum) -> String

enum から URL-encoded form data を生成します。

encode_www_form_component(str) -> String

文字列を URL-encoded form data の1コンポーネント としてエンコードした文字列を返します。

extract(str) -> [String]
extract(str, schemes) -> [String]
extract(str) {|uri_str| ... } -> nil
extract(str, schemes) {|uri_str| ... } -> nil

文字列 str に対してパターンマッチングを試み、 絶対URIにマッチした部分文字列からなる配列として返します。 抽出する URI がなければ空の配列を返します。

join(uri_str, *path) -> object

文字列 uri_str と path ... を URI として連結して得られる URI オブジェクトを返します。

parse(uri_str) -> object

与えられた URI から該当する URI::Generic のサブクラスのインスタンスを生成して 返します。scheme が指定されていない場合は、URI::Generic オブジェクトを返します。

regexp -> Regexp
regexp(schemes) -> Regexp

URIにマッチする正規表現を返します。

split(url) -> [String | nil]

URI を要素に分割した文字列の配列を返します。

定数

定義 説明
UNSAFE -> Regexp

URIとして指定できない文字にマッチする正規表現

/[^-_.!~*'()a-zA-Z\d;\/?:@&=+$,\[\]]/n

です。