Ruby 2.4.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Bindingクラス

class Binding

クラスの継承リスト: Binding < Object < Kernel < BasicObject

要約

ローカル変数のテーブルと self、モジュールのネストなどの情報を保 持するオブジェクトのクラスです。

組み込み関数 Kernel.#binding によっ てのみ生成され、Kernel.#eval の第 2 引数に使用します。 またトップレベルの Binding オブジェクトとして組み込み定数 Object::TOPLEVEL_BINDING が用意されています。

インスタンスメソッド

定義 説明
eval(expr, fname = __FILE__, lineno = 1) -> object

自身をコンテキストとし文字列 expr を Ruby プログラムとして評価しその結果を返します。 組み込み関数 Kernel.#eval を使って eval(expr, self, fname, lineno) とするのと同じです。

local_variable_defined?(symbol) -> bool

引数 symbol で指定した名前のローカル変数が定義されている場合に true を、 そうでない場合に false を返します。

local_variable_get(symbol) -> object

引数 symbol で指定した名前のローカル変数に設定された値を返します。

local_variable_set(symbol, obj)

引数 symbol で指定した名前のローカル変数に引数 obj を設定します。

local_variables -> [Symbol]

ローカル変数の一覧を Symbol の配列で返します。

receiver -> object

保持するコンテキスト内での self を返します。

継承したメソッド

! != __id__ instance_eval instance_exec method_missing singleton_method_added singleton_method_removed singleton_method_undefined !~ <=> == === =~ __send__ _dump class clone define_singleton_method display enum_for eql? equal? extend freeze frozen? hash initialize initialize_copy inspect instance_of? instance_variable_defined? instance_variable_get instance_variable_set instance_variables is_a? itself marshal_dump marshal_load method methods nil? object_id pretty_inspect pretty_print pretty_print_cycle pretty_print_inspect pretty_print_instance_variables private_methods protected_methods psych_to_yaml public_method public_methods public_send remove_instance_variable respond_to? respond_to_missing? singleton_class singleton_method singleton_methods taint tainted? tap to_a to_ary to_hash to_int to_io to_proc to_regexp to_s to_str trust untaint untrust untrusted? .new .yaml_tag ::ARGF ::ARGV ::DATA ::ENV ::FALSE ::NIL ::RUBY_COPYRIGHT ::RUBY_DESCRIPTION ::RUBY_ENGINE ::RUBY_PATCHLEVEL ::RUBY_PLATFORM ::RUBY_RELEASE_DATE ::RUBY_REVISION ::RUBY_VERSION ::SCRIPT_LINES__ ::STDERR ::STDIN ::STDOUT ::TOPLEVEL_BINDING ::TRUE