Ruby 2.3.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Rationalクラス > <=>

instance method Rational#<=>

self <=> other -> -1 | 0 | 1 | nil[permalink][rdoc]

self と other を比較して、self が大きい時に 1、等しい時に 0、小さい時に -1 を返します。 比較できない場合はnilを返します。

[PARAM] other:
自身と比較する数値
[RETURN]
-1 か 0 か 1 か nil を返します。

例:

Rational(2, 3)  <=> Rational(2, 3)  # => 0
Rational(5)     <=> 5               # => 0
Rational(2, 3)  <=> Rational(1,3)   # => 1
Rational(1, 3)  <=> 1               # => -1
Rational(1, 3)  <=> 0.3             # => 1
Rational(1, 3)  <=> nil             # => nil