Ruby 2.3.0 リファレンスマニュアル > ライブラリ一覧 > 組み込みライブラリ > Floatクラス > angle

instance method Float#angle

arg -> 0 | Float[permalink][rdoc]
angle -> 0 | Float
phase -> 0 | Float

自身の偏角(正の数なら 0、負の数なら Math::PI)を返します。

例:

1.arg  # => 0
-1.arg # => 3.141592653589793

ただし、自身が NaN(Not a number) であった場合は、NaN を返します。